ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「行動を起こそう」

2009年12月27日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 マタイによる福音書 2章1節~12節

喜びにあふれた人たち

 「学者たちはその星を見て喜びにあふれた」。そう書かれていました。これは 「非常に大きな喜びを喜んだ」という表現です。それこそ今まで経験したことの ない喜び。今まで何かがあって嬉しかったというのとは次元の違う喜びに溢れて いたということでしょう。単に長旅の目的地にやっと着いたという程度の喜びで はありません。考えてみてください。メシアを訪ねて長い旅をしてやっと辿り着 いたのは何の変哲もない家だったのです。最初に訪ねたヘロデの王宮とは大きな 違いです。しかも、ユダヤ人の王としてお生まれになった方を訪ねてはるばるやっ てきた彼らがそこで対面したのは、なんとも平凡な庶民の母親と幼子だったので す。当て外れもいいところではありませんか。目的地にやっと着いたという程度 の喜びなら、簡単に吹き飛んでしまったに違いありません。しかし、彼らに与え られた「非常に大きな喜び」はそのようなものではありませんでした。ここに短 く描かれているこの学者たちの姿は、そのことをはっきりと示しています。

 まず聖書が伝えているのは、彼らがひれ伏して幼子を拝んだということです。 しかも、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げたと言うのです。 ページェントの一場面としては何の違和感も抱かずに見ることができる一つの情 景です。しかし、現実的にどう考えてもおかしいでしょう。彼らは占星術の学者 たちです。占星術師というのは、古代オリエントの世界ではけっこう高い地位に あった人たちなのです。星の運行が人間の運命を支配していると考えられていた 世界ですから。その運命を読み解くことができる人たちというのは、相当な支配 力を持っているのです。彼らが対外的にも重んじられている人たちであったこと は、簡単にヘロデ大王に謁見できたことからも分かります。そんな彼らが、ごく 普通の幼子を前にしてひれ伏して礼拝したというのです。

 さらに言うならば、彼らは夢のお告げに従って、ヘロデとの約束を反故にして、 別の道を通って帰ったというのです。地域の支配者からの依頼を足蹴にするよう な無礼なことは、通常はしないのです。ヘロデが相当怒ったことからも分かりま す。一方、ヘロデの所に帰っていたならば、相当に優遇されたことでしょう。多 くの褒美ももらえたことでしょう。なにしろヘロデが欲しがっている情報を手に しているわけですから。しかし、彼らは単純に夢のお告げに従って別な道を通っ て挨拶もせずに帰ってしまったのです。

 そもそも星に導かれて来たという話自体が不思議なのですが、ある意味ではそ れ以上にあり得ないようなことがここには描かれているのです。そのすべては一 つのことを示しています。彼らは単にこの世の出来事に触れているのではないと いうことです。そうではなくて、神の御業が現れている出来事に、この学者たち は確かに直面しているのだということです。ですから、「非常に大きな喜び」も また、単にこの世からの喜びではなくて、彼らをもってして通常ではあり得ない ような行動を取らせてしまうほどに、それほどに特別な、天からの喜びに他なら ないということです。そうです。彼らは旅の果てに、大きな喜びに満たされた。 彼らが東方において占星術師として生きていた時には知り得なかった、天からの 喜びに満たされたのです。

 この東方からの学者たち。なぜここに出て来るかと言えば、これはやがてイエ ス・キリストを信じる異邦人たちの予表なのです。ですから、その中に私たちも いるのです。彼らの姿は私たちの姿でもあるのです。私たちもこの喜びにあずか るようにと召されているのです。そうしますと、改めてこの一年間を振り返って 考えさせられます。どうでしょう。私たち、この世のありきたりの喜びではなく、 どれほど天からの喜びにあずかってきたでしょう。どれほど天からの喜びに満た されて行動してきたでしょう。

 想像してみてください。この学者たちが天の喜びに満たされていなくて、この 世のことしか考えられない人たちだったらどうでしょう。星によって一つの家が 示された時に、彼らが家の見窄らしさにしか目がいかなくて「なんだ、これがメ シアの家か、貧相だなあ」って言っていたらどうでしょう。あるいはマリアと幼 子を見て、「こんな平凡な家の子に黄金は乳香はもったいないなあ」と呟いてい たらどうでしょう。この場面が台無しだと思いませんか。しかし、皆さん、現実 には私たちは案外そんなことばかりしているものです。この世のことにしか目が いかなくて、この世の人がすることにしか目がいかなくて、腹を立てたり、失望 したり、不平を言ったり、いいことがあって喜んでみたと思えば、次の日には喜 びが完全に吹き飛ばされていたり。そんなことばかりしているものです。

 もうそのようなことは十分ではありませんか。もうやめにしませんか。天から のものを求めましょう。天からの御業、神の御業に触れることを求めましょう。 イエス様のもとにある天からの喜び、信仰生活の喜びを求めましょう。そして、 天からの喜びを豊かに味わわせていただいましょう。天からの喜びに満たされて いるならば、長い旅路の果てに貧相な家が待っているような、そんな報われない 労苦も決して嘆きや呟きにはならないはずなのです。そのように喜びに満ち溢れ る心をもって、持てるものを献げつくし、心からひれ伏すことができるような私 たちとなることを求めていこうではありませんか。

具体的な行動に移すこと

 そのために重要なことが、この場面から見えてきます。それは、求めを心の中 に留めておくのではなくて、具体的な行動に移すことです。彼らは、メシアにつ いて“関心を持っている人”として、東方に留まっていることもできたのです。 実際に、彼らは関心をもって色々と調べることはできたはずです。彼らはありと あらゆる書物に当たり、メシアの星について調べることもできたことでしょう。 また、バビロニアには多くのユダヤ人たちが居住していましたから、ユダヤ人の 王として到来するメシアについても彼らを通じて言い伝えを調べることはできた でしょう。相変わらず、占星術師としての生活を続けながら、そのまま関心を持 つだけで一生を送ることもできたのです。

 しかし、彼らはそこに留まりませんでした。彼らは実際に立ち上がって旅に出 たのです。最初の一歩を具体的に踏み出したのです。長い旅も最初の小さな一歩 から始まります。それは自らが決断して踏み出すのです。

 そう言えば、聖書の中には、実際に旅立った人の話がたくさん出てきます。ア ブラハムもそうでした。モーセに導かれたイスラエルの民もそうでした。イエス 様のたとえ話の中の「放蕩息子」もそうです。放蕩息子は自らの悲惨な生活の中 で悩んでいただけではありませんでした。「彼はそこをたち、父親のもとに行っ た」(ルカ15:20)と書かれているのです。ある東方教会の指導者がこんな ことを書いています。「信仰は考えることによってではなく、実行することによっ て得られる。言葉や考察ではなく、体験が神を教えてくれる。窓を開けない限り、 新鮮な空気は部屋に入れられない。日光浴をしない限りは、肌は黒くならない。 信仰を得ることも、同様なことである。教父たちの言っているように、ただ楽に 腰かけて待っているだけでは、私たちは目標に達することはできない。」--なる ほど、その通りです。

 間もなく新しい年を迎えます。来る年は、具体的な一歩一歩を大切にしていき ましょう。神を求める思い、キリストを求める思い、天からのものを慕い求める 思いを、具体的な形にしていきましょう。できることがあるはずです。彼らの具 体的な旅の先に大きな喜びが待っていたように、私たちが与るべき大きな喜び、 天来の喜びも、私たちの具体的な一歩一歩の先にあるのです。

 ところで彼らを導いたのは東方で彼らが見た一つの星でした。もちろん、星が 意志をもって彼らを導くはずはないので、星を用いて導いたのは神様です。しか し、彼らは神の導きの星を見失ってしまったようです。エルサレムに来て彼らは 尋ねました。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。 わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです」(2節)。尋ね ているところを見ると、この時には星は見えなくなっていたのでしょう。

 しかし、このことによってヘロデやエルサレムの人たちにも、メシアの誕生の ことが伝えられることになりました。その結果、ヘロデやエルサレムの人々とあ の東方の学者たちとの対照的な姿が浮き彫りにされる形となったのです。

 地図で見ますと、エルサレムからベツレヘムは、さほど離れてはおりません。 せいぜい10キロメートルぐらいの距離です。占星術の学者たちが、今からそこ に向かおうとしていることも知っているのです。しかし、律法学者たちは彼らに 同行しようとはしませんでした。もちろん、ヘロデもです。メシアの誕生につい て聞いた時、ヘロデは不安に思ったと書かれています。エルサレムの人々も同様 でした。しかも、ヘロデは不安になっただけでなく、そのメシアを捜し出して殺 そうとさえ企んでいるのです。

 彼らはなぜ同行しなかったのか。なぜ不安になったのか。なぜメシアを抹殺し ようとしたのか。なぜですか。理由は単純です。そのままでいたいからです。変 わらないでいたい。今いるところに留まりたいからです。結局、人を天から遠ざ け、天来の喜びから遠ざける最大の妨げは、「そのままでいたい。変わらないで いたい」という思いなのです。

 ですから逆に言えば、「変わりたい」と思えるようになることは、喜ばしいこ となのです。様々な試練によって、あるいは苦しみを経てでも、「変わりたい。 このままでいたくない」と思うようになったとしたら、それは幸いなことなので す。そこから本当の旅は始まるからです。

 東方の学者たち、一時的に星を見失ったのかもしれません。迷ったかもしれま せん。しかし、彼らは全く心配する必要はなかったのです。ヘロデと違いますか ら。彼らは今いるところに留まりたいと思っていませんから。星を見失っても、 迷っても、とにかくキリストを求め続けて、また次の一歩を踏み出そうとしてい るかぎり大丈夫なのです。そういう人に対しては、再び星が現れるのです。導き が現れるのです。神様はちゃんと導いてくださる。彼らが歩み出すと星は先だっ て進んでいきました。そして、ついに彼らは大きな喜びに溢れたのです。

 来る2010年。私たちが今まで味わったことのないような、天からの大きな 喜びにあずからせていただきましょう。メシアのもとでしか味わうことのできな い、大きな喜びにあずからせていただきましょう。求め続けましょう。求めを具 体的な形にしましょう。長い旅も小さな一歩から始まります。具体的な第一歩を 主に導いていただきましょう。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡