ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「神が結び合わせたもの」

2009年10月25日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 マルコによる福音書 10章2節~12節

イエスを試そうとして

 ファリサイ派の人々が近寄って、イエス様にこう尋ねました。「夫が妻を離縁 することは、律法に適っているでしょうか」。離婚することは許されていること か。それとも禁じられているのか。そんな話です。教えを請いに来たのでしょう か。いいえそうではありません。「イエスを試そうとしたのである」と書かれて います。明らかに律法に関する議論に引き込んで、あわよくば言葉尻を捉えてや ろうという悪意からの質問です。

 「夫が妻を離縁することは、律法に適っているでしょうか」。この質問の背景 にあるのは旧約聖書に記されている言葉を巡る議論です。こういう言葉です。 「人が妻をめとり、その夫となってから、妻に何か恥ずべきことを見いだし、気 に入らなくなったときは、離縁状を書いて彼女の手に渡し、家を去らせる」(申 命記24:1)。離婚の手続きについての定めです。問題はこの「恥ずべきこと」 とは何かです。

 シャンマイという有力な教師とその弟子たちは、この「恥ずべきこと」に当た るのは姦淫の罪であると考えました。姦淫の罪を女が犯した時は離縁することが 出来る。それ以外は出来ない。それに対して、ヒレルというもう一人の有力な教 師とその弟子たちは、よりリベラルな立場を採りました。「恥ずべきこと」には 様々な事柄が入る。例えば、食べ物を焦したとか、容貌が悪いとかなども、離縁 の正当な理由となると論じたのです。なんて酷いことを、と思いますか。しかし、 それは当時の大真面目な議論だったのです。

 その議論にイエス様を引っ張り込もうというのが質問をしたファリサイ派の人々 の意図でした。しかし、この質問に対して、イエス様は直接答えられないで、む しろ彼らに問い返されたのです。「モーセはあなたたちに何と命じたか」と。彼 らは「モーセは、離縁状を書いて離縁することを許しました」と答えました。先 ほどお読みしました申命記二四章の一節のことです。

 するとイエス様はこう言われたのです。「あなたたちの心が頑固なので、この ような掟をモーセは書いたのだ」。そして、律法の書の中に記されている他の言 葉を引用されました。創世記の一章と二章に記されている言葉です。イエス様は それを要約して語られます。「しかし、天地創造の初めから、神は人を男と女と にお造りになった。それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体と なる。だから二人はもはや別々ではなく、一体である。」そして言われました。 「従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない。」

 イエス様は彼らと同じ土俵に乗って離縁の議論に加わろうとはしませんでした。 ファリサイ派の人たちが持ち出した申命記の言葉については、「あなたたちの心 が頑固なので、このような掟をモーセは書いたのだ」と言って一蹴してしまうの です。そしてイエス様は、どのような場合に離婚が許されるのかという議論の代 わりに、そもそも結婚とは何なのかという話をされたのです。

 「離婚の議論から結婚の話へ」。ここでイエス様がしていることを私たちは良 く考えたいと思います。ここで重要なことは、単に結婚と離婚の話ではないので す。「離婚の議論」に象徴されている、あのファリサイ派の人々の世界に、私た ちも同じように身を置くのか。それともイエス様がここで語られる「結婚の話」 に象徴される、イエス様の世界に身を置くのかということなのです。そこにはど のような違いがあるのか、御一緒に見てまいりましょう。

離婚の議論に象徴される世界

 そもそも「離婚は許されるのか」とか「どこまで許されるのか」という議論は どうして起こるのでしょう。それは離婚したい人がいるからです。ちなみに、彼 らの質問には「夫が妻を離縁すること」しか出て来ません。妻が夫を離縁する場 合は全く問題にならない、男尊女卑の時代を背景としています。今日とはずいぶ ん違います。そのような時代には、夫の都合による非常に身勝手な離婚が起こる ものです。またそれを当然のごとくに考える男が少なくない。例えば、それこそ 料理を焦がしただけで離縁したがる男がいる。自分の妻よりも美しい女性を見た だけで離婚したがる男がいる。だから、そのような離縁は許されるかどうかとい う律法解釈の議論が起こるのです。そういう男がいなければ、こんな議論は起こ りません。つまり「離縁したい」という人間の思いの方が先にあるのです。まず そちらが先にあって、その思いを正当化しようとして聖書を引っ張り出そうとす る。そこで議論が起こるのです。「このことを神は禁じてはいない。律法にはひっ かからない」という律法の解釈についての議論が起こるのです。

 そのように自分の思いが先にあって、それを正当化するために聖書を用いよう とすることは、この離婚問題に限らず、いくらでも起こり得ると思いませんか。 そして、どのような事柄でも、聖書を用いて正当化しようと思えば、いくらでも できるものなのです。

 例えば、先ほど引用した申命記の言葉を考えてみましょう。「あなたたちの心 が頑固なので、このような掟をモーセは書いたのだ」とイエス様は言われました。 実際、そうだったのです。これはもともと離縁にお墨付きを与えるための律法で はなかったのです。「あなたたちの心が頑固なので」と主は言われました。「心 が頑固」とは悔い改めようとしないということです。そんな男の身勝手からの離 婚問題が起こります。そのような離縁から妻が守られなくてはなりません。その ために、きちんと理由を記した離縁状を提出しなければ離縁ができないようになっ ていたのです。そもそもこれがモーセの律法の本来の意味です。しかし、そのよ うな律法さえも、使おうと思えば解釈の仕方次第でいくらでも身勝手な離縁を合 法とするために使えるのです。

 律法を大事にしていないわけではありません。生活の隅々に至るまで律法を遵 守した生活を打ち立てようとしている真面目な人々です。律法を守っていること を誇りに思っている人たちです。その意味で正しく生きていることを誇りに思っ ている人たちです。しかし、そのように自分は正しく生きていると自負している 人にこそ、自分の行為の正当化は起こりやすいのです。本当はもともと自分の身 勝手な都合やわがままから出たことであっても、様々な理由をつけて「これは正 しいことだ」と言い張ってしまう。あるいは自分の憎しみや敵意や妬みから出た ものであっても、様々な理由をつけて「わたしは正しいことをしているのだ」と 言い張ってしまうのです。時には神の名さえも持ちだして、「これは正しいこと だ。わたしは正しいことをしているのだ」と言い張ってしまうのです。

 これが「離婚の議論」に象徴される世界です。しかし、そこに身を置くことは、 本当はとても不幸なことです。そうやって生きているということは、とても不幸 なことです。なぜなら、本当は解決しなくてはならない問題があるのに、そうやっ ている限り解決できないからです。本当は変わらなくてはならない自分がいるの に、そうやっている限り変わることはできないからです。古い自分のままで、い つまでも生き続けることになるからです。

神の恵みに応えて生きる

 私たちは、そのようなところにではなく、別なところに身を置かなくてはなら ないのです。ですからイエス様はここで離婚の議論から身を引いて、結婚の話を なさったことに注目しなくてはならないのです。私たちが身を置くべきところは、 この「結婚の話」に象徴される世界だからです。

 先にも触れましたように、イエス様が引用しているのは、創世記1章と2章の 言葉です。同じ律法の書の一部です。しかし、イエス様の読み方は全く方向が違 います。「天地創造の初めから、神は人を男と女にお造りになった」と主は言わ れるのです。「神は」が先にあるのです。人間の行為の前に、神の行為があるの です。神様がしてくださっていることがあるのです。既に私たちが生きているこ の世界そのものが神の御業なのです。神の愛から溢れ出た御業、神の恵みの御業 なのです。そのような中に私たちは生きている。その一つの現れが、男がおり女 がいるということです。それも人間が創り出したことではありません。神の恵み の御業です。

 そして、「それゆえ、人は父母を離れてその妻と結ばれ、二人は一体になる」 が続くのです。これは創世記2章に出て来る言葉です。今日の第一朗読の少し後 に出て来る言葉です。ユダヤ人ならば、それがどのような文脈にある言葉かを知っ ています。最初の女エバがアダムの一部から造られたという話に続いています。 つまりエデンの園にアダムとエバがいるということ、そして出会っているという こと自体が、神の御業なのです。ですから、イエス様はこれを「神が結び合わせ てくださったもの」と呼ぶのです。これが結婚だと言うのです。

 神の恵みの御業が先にあるのです。人間の行為は神の恵みに対する応答です。 「神が結び合わせてくださった」という恵みに対する相応しい応答は、「人は離 してはならない」ということになるのでしょう。イエス様が言われるとおりです。

 しかし、その一方において神の恵みに応えていない人間の現実があります。そ れを聖書は罪と呼びます。罪深い人間の現実があります。本来正当化できない罪 があるのです。ですから、現実には結婚が壊れてしまうことがあります。夫の罪 によって、あるいは妻の罪によって、神の目から見るならば両者の罪によって、 ということになるのでしょう。結婚の話だけではありません。この世界全体がす べてにおいて神の恵みに応答していないのです。神の恵みに背を向け、天地創造 に始まる神の恵みを蔑ろにして投げ捨ててしまっているのです。神が光を照らし てくださっているのに、光の中を生きていくのではなくて、光に対して自らを閉 ざして、暗闇の中を歩んでいる人間の姿がそこにあるのです。イエス様には、そ んなこの世の有り様が映っていたに違いありません。

 にもかかわらずイエス様は「天地創造の初めから」と神の御業を語られるので す。神の恵みの御業が先にあることを語られるのです。そして、神の恵みに応え て生きるように呼びかけられるのです。なぜなら神の恵みの御業は続いているか らです。ストップしてはおられないからです。神はこの世を、私たちを、決して 見捨ててはおられないからです。神の御業について語っておられた、イエス様の 存在そのものが、神の恵みの御業なのです。そのことが十字架において、復活に おいて、完全に現されることになるのです。

 「結婚の話」に象徴されるイエス様の世界。それは神の恵みに目を向けて生き る世界です。神の恵みが先にあること、私たちは神の恵みの御業の中にあること、 天地創造の御業だけでなく、既に現された救いの御業の中に私たちがあること、 そこに目を向けて生きることです。先立つ神の恵みに応答して生きる世界をイエ ス様は示されたのです。

 神の恵みが見えてくるならば、恵みに応えていない自分の罪も見えてきます。 御心に適っていない現実も見えてきます。しかし、私たちは望みを失う必要はあ りません。私たちが自分を正当化しない限り、様々な理由をつけて、「わたしは 正しいことをしているのだ」と言い張ってしまわない限り、変えられ得るのです。 そこには悔い改めも生まれます。神の赦しを求める祈りも生まれます。神の助け を切に求めるようにもなります。現実に神の御業が起こっていきます。解放と癒 しの御業が起こります。そうやって人は変えられていきます。自分自身だけでな く、周りも変えられていきます。これが「結婚の話」に象徴される世界です。私 たちはそこにこそ身を置かなくてはならないのです。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡