ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「あなたの未来には希望がある」

2009年1月4日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 マタイによる福音書 2章1節~12節

沈黙と従順

 今日の福音書朗読では、東方から来た占星術の学者たちが幼子イエスのもとに 来たという先週の話の続きをお読みしました。ところで、ページェントでは博士 たちが馬小屋を訪ねてきて、そこで羊飼いたちと鉢合わせになるわけですが、実 はマタイによる福音書では博士たちが馬小屋に訪ねてきたようには書かれており ません。11節を見ますと、そこは馬小屋ではなくて「家」と書かれています。 また博士たちが訪ねてきたのも、幼子が生まれた直後ではなく、既に幼子が二歳 ちかくに成長した頃だと思われます。それはヘロデが二歳以下の男の子を殺させ たことから分かります。要するにマリアとヨセフと幼子イエスはベツレヘムに住 んでいたのです。そこに彼らの生活の場があったのです。

 しかし、今日の聖書箇所に入りまして、その平穏な生活は終わりを告げること になります。「起きて、子供とその母親を連れて、エジプトに逃げ、わたしが告 げるまで、そこにとどまっていなさい」と神様がヨセフに命じられたのです。そ の理由は「ヘロデが、この子を探し出して殺そうとしている」ということです。 しかしヨセフにしてみれば、なんで自分の子が命を狙われなくてはならないのか、 皆目見当も付かないのです。それはまさに彼らにとっては降って湧いたような災 難としか言いようがありません。そのような、訳の分からない理由のために、知 人もいない、右も左も分からない外国に逃亡して、そこに寄留しなくてはならな いのです。そんなところで、どうやって生きて行けというのでしょう。しかし、 ヨセフは神の言葉に従ったのです。「起きて、夜のうちに」という言葉に、ヨセ フの従順がよく言い表されています。

 ちなみにイエス様の降誕の物語には、一つ興味深いことがあります。イエス様 の誕生の物語において、これほどヨセフが大事な役割を演じていますのに、一言 も台詞がないのです。マタイによる福音書だけではありません。ルカによる福音 書でも同じです。ヨセフは何一つ語りません。そして、従うのです。沈黙と従順。 それがヨセフの姿から受ける印象です。マリアが身ごもったときもそうでした。 ヨセフにとって、まさに青天の霹靂です。しかし、彼はつぶやきません。不平を 言いません。神の指示に従って、マリアを迎え入れるのです。そして、それで終 わらなかったというのが今日お読みした話です。またもや理由の分からぬ苦労を 科せられて生活は乱されます。しかし、彼はつぶやきません。従うのです。

 このヨセフについては「正しい人であった」(1:19)と書かれていたこと を覚えていますでしょうか。ここまで読みますと、私たちの想像する「正しい人」 とは随分違うと思わされます。正しい人はしばしばつぶやくのです。嘆いたり不 平を言うものです。「正しく生きているのに、どうしてこんな目に遭わなければ ならないのだ」と神にさえ文句を言いたくなる。しかし、ヨセフは神の前に沈黙 するのです。そして、苦しみの中で神の導きを求め、導きに従って生きていきま す。繰り返されているのは「主の天使が夢で現れて」という言葉です。要するに 大事な決断は神の導きによったのであって、人によるのではない、ということで す。ヨセフは単に人間の言葉によって動いたのではない、ということが強調され ているのです。どちらかと言えば、私たちはしばしば神に対してぶつぶつ言いな がら、人からの言葉ばかりを求めて訪ね歩きます。そのような時は、結局はただ 自分に都合の良いことを言ってくれる人を探しているだけなのでしょう。ヨセフ は丁度それとは逆であったということです。

 もう一つ注目すべきことがあります。15節にこう書かれています。「主が預 言者を通して言われていたことが実現するためであった」。マタイによる福音書 に繰り返しこのような表現が出て来ることにお気づきでしょう。何を意味してい ますか。彼らは神の御計画の中にあるということです。エジプトへの逃亡という、 まさに降って湧いたような災難も、神の御心が実現するための計画の一部だった ということです。預言者が既に語っていたとはそういうことです。

 先に見てきましたヨセフの従順を思い起こしてください。一方において、人間 の計り知れない神の計画がある。しかし、神の計画は人間とは無関係に進んでい くわけではないのです。もう一方に、つぶやかずに黙して従う人間の従順がある。 今日お読みした箇所において、この二つが鮮やかに一つになっているのです。そ のように神の御心と人間の従順とが一つになることで、人間を救おうとしている 神の御心が実現していくことを、私たちはこの物語の中に示されているのです。

罪の世界に残されたイエス

 さて、ヘロデの宮殿では騒ぎが持ち上がっていました。占星術の学者たちが帰っ てこないことにヘロデが腹を立てたのです。そして、恐るべき命令を下しました。 16節以下をご覧下さい。

 「さて、ヘロデは占星術の学者たちにだまされたと知って、大いに怒った。そ して、人を送り、学者たちに確かめておいた時期に基づいて、ベツレヘムとその 周辺一帯にいた二歳以下の男の子を、一人残らず殺させた。こうして、預言者エ レミヤを通して言われていたことが実現した。

    『ラマで声が聞こえた。
    激しく嘆き悲しむ声だ。
    ラケルは子供たちのことで泣き、
    慰めてもらおうともしない、
    子供たちがもういないから』」(16-18節)。

 「こうして、預言者エレミヤを通して負われていたことが実現した」。そう書 かれています。15節の「預言者を通して言われていたことが実現するためであっ た」とは違う言い方がされていますでしょう。「こうして(その時)、実現した」 という言い方をしているのは、あたかも神がこのことをもともと望んでいたかの ようにこの物語が読まれないためでしょう。悲しいことに、神様が言った通りに なってしまった。何によってですか。人間の罪によってです。

 ヘロデは自分の王位を守るのに必死でした。王であり続けようとしました。彼 はそのために、自分の妻や子供たちさえ処刑したと伝えられております。ですか ら、ここに書かれているような出来事は、十分あり得たことでした。彼は、メシ アがベツレヘムに生まれることを聞きました。しかし、そのメシアを抹殺しよう としたのです。自分が王であり続けるためです。これは神の主権とヘロデの王権 との戦いです。ヘロデは神の支配を受け入れませんでした。その結果が、この血 なまぐさい悲劇です。

 もちろん、ここに書かれていることは、決して特別なことではありません。歴 史の中に繰り返されてきたことであり、今日もなお続いていることです。神の支 配を受け入れようとせず、あくまでも人間を中心に据えようとするこの世界の悲 惨な現実です。そのように悲しみの叫びが絶えない世界。しかし、神はそのよう な世界のただ中に、幼子イエスを残されたのです。幼子イエスを残されたのは、 私たちを救うためにどうしても成し遂げなくてはならない御計画があったからで す。それはイエスを罪の贖いの犠牲として十字架にかけるということです。それ は私たちの罪を贖い、救いの道を開くためでした。そのように、私たちの救いを 実現するために、幼子イエスを残されたのです。

 この場面は、モーセが誕生した時によく似ていますでしょう。あの時もファラ オが全国民に「生まれた男の子は一人残らずナイル川にほうり込め」と命じたこ とが、出エジプト記の初めの方に書かれています(出1:22)。しかし、出エ ジプト記は何を伝えていますか。ファラオがどれほどの権力を持っていたとして も、幼子モーセを滅ぼすことはできなかったということを伝えているのです。そ のモーセによって、イスラエルはエジプトから救い出されることになる。ファラ オがどれほどの力を持っていたとしても、神の救いの計画を阻止することはでき ませんでした。マタイは明らかにその出来事を念頭において書いています。ヘロ デがどんなことをしてもキリストを抹殺することはできなかった。人間は神の救 いの計画を阻止することはできない、と。それゆえに人間の悲しみと嘆きが終点 ではないのです。

 実は、マタイが引用しているエレミヤ書31章15節には続きがあります。恐 らくそのことを知った上で引用しているのです。本日の第一朗読で読まれました。 この預言の言葉は次のように続きます。「主はこう言われる。泣きやむがよい。 目から涙をぬぐいなさい。あなたの苦しみは報いられる、と主は言われる。息子 たちは敵の国から帰って来る。あなたの未来には希望がある、と主は言われる。 息子たちは自分の国に帰って来る」(エレミヤ31:16-17)。そのように、 嘆き悲しむ声で終わらないのです。主は「泣きやむが良い」と言われる。「あな たの未来には希望がある」と主は言われるのです。

 確かに人間の罪は悲惨な現実をもたらします。嘆きと悲しみの叫びをもたらし ます。しかし、繰り返しますが、それが終点ではないのです。最後に残るのは人 間の罪とその結果ではないのです。私たちが見ている現実が最終的な現実ではな いのです。神が救ってくださる。神の救いの御業は進んでいる。ですから最後に 残るのは神の救いなのです。神はイエスをこの地上に残されました。神の救いの 計画は、人間の罪によっても止められることはなかった!今日朗読されたのは、 そのような福音の物語なのです。それゆえに、この物語は私たちにも語りかけて いるのです。「あなたの未来には希望がある」と。

 しかし、神の救いの御計画が人間の罪によって止められることはないと語られ る一方で、先にも申しましたように、神の救いの御計画は人間とは無関係に神様 だけで進めていかれるわけではないのです。神はあえて人を用いられるのです。 イエス・キリストが地上に残されるためにヨセフの従順が用いられたようにです。 主は救いの完成に至るまで、教会を用い、ここにいる私たちを用いようとしてお られるのです。主がこの世の救いのために求めておられる人は、知恵ある人でも 力ある人でもありません。つぶやかない人。不平を言わない人。どこまでも神の 愛に信頼して生きる人。そして、御心を尋ね求め、黙って従う人なのです。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡