ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「キリストによる勝利」

2008年4月27日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 ヨハネによる福音書 16章25節~33節

はっきり父について知らせる時が来る

 「わたしはこれらのことを、たとえを用いて話してきた。もはやたとえによらず、はっきり父について知らせる時が来る」(16:25)とイエス様は言われました。ここで「たとえ」と言われていますが、これはいわゆる「たとえ話」のことではありません。「意味が隠されている言葉」「謎の言葉」という意味です。つまり弟子たちはイエス様の言葉を今は理解できない、はっきりとは分からないということです。

 それまでイエス様は確かに父について語って来られました。イエス様は弟子たちにとって、父なる神を指し示してくださる存在でした。自ら父の御名を呼び、弟子たちのために父に祈り、父と共に生活する姿を見せてくださいました。主は、「あなたがたがわたしを知っているなら、わたしの父をも知ることになる。今から、あなたがたは父を知る。いや、既に父を見ている」(14:7)とさえ言われました。そのようにイエス様は、父がどういう御方かを見せてくださったし、父について語り聞かせてくださったのです。しかし、今日お読みした箇所においてイエス様は弟子たちに対して、「まだ、あなたがたは父についてはっきり知らされてはいない」と言っておられるのです。あなたがたにとっては謎の言葉でしかない、と。しかし今、主は「はっきり父について知らせる時が来る」と言われるのです。

 「はっきり父について知らせる時が来る。」それはいつのことなのでしょう。これは「はっきり父について知らせる時が来ている」とも訳せます。しかし、その時、その場において、ということではないことは明らかです。26節に「その日には」と書かれていますから。主は後の日について語っておられるのです。

 ところで、今日お読みしましたのは、最後の晩餐における一連の話の一番最後の部分です。この数時間後にイエス様は逮捕されることになるのです。そして、裁判にかけられ、十字架にかけられ、殺されることになる。イエス様はそのことをご存じでありました。既に13章の冒頭には「イエスは、この世から父のもとへ移る御自分の時が来たことを悟り、世にいる弟子たちを愛して、この上なく愛し抜かれた」(13:1)と書かれていました。今日お読みした28節にも、「わたしは父のもとから出て、世に来たが、今、世を去って、父のもとに行く」と書かれています。ですから、イエス様は明らかに十字架にかけられた後のことについて語っているのです。

 「はっきり父について知らせる時が来る」。そう主は言われます。十字架にかけられた後に、イエス様御自身がはっきり父について知らせてくださると言うならば、それは、もちろん死んでしまった御方としてではなく、復活された御方としてです。復活して父のもとに帰られた御方として、語ってくださるのです。さらに言うならば、父のもとに帰られた復活のキリストが、真理の御霊のお働きを通して、はっきり父について語ってくださるのです。

 「はっきり父について知らせる時が来る」。父について「はっきり」知らされなくてはならないこととは何なのでしょう。それは27節にあるように、父御自身がわたしたちを愛していてくださるということです。イエス様は、父との愛の関係を見せてくださいました。御父は御子を愛しておられた。御子は御父の愛に信頼して歩まれた。その父と子の間に見られた愛が、私たちにも向けられているということです。父なる神が私たちを愛していてくださる。どれほどに?私たちのために独り子さえ惜しまずに与えられるほどにです。私たちの罪を赦すため、御子を十字架にかけられるほどにです。それほどに私たちを愛していてくださる。イエス様が十字架にかけられることを通して、そのような父として「はっきり父について知らせる時が来る」と主は言われるのです。

 そして、その時は来たのです。既に来ているのです。あのペンテコステの日に聖霊が降り、弟子たちがイエス・キリストの福音を宣べ伝え始めたその時から、既に始まっているのです。イエス様は、十字架の上で罪の贖いを成し遂げ、復活して永遠に生きておられる御方として、そのような父について、はっきり知らせてくださっているのです。聖霊のお働きによって、教会を通して、キリストが語っていてくださる。実は、私たちもそのようにして、父が私たちを愛していてくださることを知らされたのです。イエス様が知らせてくださったのです。

 私たちの祈りの生活というものは、そのようにイエス様がはっきり父について知らせてくださったことに基づいて形作られます。「その日には、あなたがたはわたしの名によって願うことになる。わたしがあなたがたのために父に願ってあげる、とは言わない。父御自身が、あなたがたを愛しておられるのである」と主は言われる。私たちも、私たち自らが「わたしたちの父よ」と呼ぶのです。父に愛されている子どもたちとして、父を呼び、父に願い求めるのです。

安心しなさい

 そのように、私たちに「はっきり父について知らせ」てくださる御方、父御自身が私たちを愛していてくださることを知らせてくださる御方、またそのような父に向かって祈れるようにしてくださった御方は、さらに次のように語っておられます。「これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている」(33節)。この言葉をも、私たちに与えられた御言葉として心に留めましょう。

 イエス様は、はっきり父について知らせてくださる御方であるだけではありません。自ら、そのような父と共にあって勝利を取られた御方として、私たちを励まし支えてくださるのです。「勇気を出しなさい」と。

 イエス様がこのように語られたのは、弟子たちの弱さを知っていたからです。弟子たちは胸を張って信仰を言い表していたのです。「あなたが神のもとから来られたと、わたしたちは信じます」(30節)と。つまり、あなたがメシアであると信じますと言っているのです。しかし、イエス様はそのように信仰を言い表す弟子たちが、弱さをさらけ出すであろうことを知っていたのです。「今ようやく、信じるようになったのか。だが、あなたがたが散らされて自分の家に帰ってしまい、わたしをひとりきりにする時が来る。いや、既に来ている」(31‐32節)。

 そうです。そのような弟子たちの弱さをご存じであるからこそ、イエス様はあえて御自分の持っている強さを示されるのです。イエス様の強さはどこにあるのか。それは「父が、共にいてくださる」というところにあるのです。人々から捨てられ、弟子たちにも裏切られ、誰も味方になってくれなくとも、誰も一緒に闘ってくれないとしても、「わたしはひとりではない」と言える強さ。「父が、共にいてくださる」と言える強さです。この強さがあるゆえに、明らかに絶望的な情勢へと向かっている時にさえ、イエス様はこう宣言することができたのです。「わたしは既に世に勝っている」と。

 「世」というのは、よってたかってイエス様を十字架にかけようとしている「世」です。十字架の上で血祭りにあげようとしている「世」です。まさにキリストに敵対する悪魔が支配している「世」です。しかし、その「世」に既に勝っている。もう勝利は決まっていると宣言されたのです。世に勝つとはどういうことですか。御自分を憎み御自分に敵対する人々を滅ぼすことによってですか。いいえ、そうではありません。御自分を憎む者を愛し抜くことによってです。そして世を罪から救うことによってです。イエス様は世の罪を贖い救いを成し遂げることができると確信をもって語っておられるのです。勝利を宣言しておられるのです。なぜですか。「父が、共にいてくださる」と言える強さがあるからです。

 そのような本当の強さを見せてくださったイエス様が、父と共にあって勝利宣言をされたイエス様が私たちに言われるのです。「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい」と。確かに、この世にある限り苦難は避け得ません。悪魔が支配している世にある限り、苦難はあるのです。特に、そのような世において、キリストに従って生きようとするならば、苦難は避け得ないのです。そのような世に生きる私たちに主は言われます。「勇気を出しなさい」。

 既にお話ししたことから分かりますように、「勇気を出しなさい」と言うのは、いざとなったら出せるような勇気が弟子たちの内に、そして私たちの内にあるからではありません。イエス様は、いざとなったら逃げ出してしまうような弟子たちであることを重々承知の上で語っておられるのです。実はこの言葉は、聖書の中のたいへん印象的な場面で使われています。弟子たちが舟に乗ってガリラヤ湖に漕ぎ出した時の話です。彼らは逆風のため漕ぎ悩んでいました。彼らの苦闘は夜明けまで続いたのです。彼らはへとへとに疲れ果て、近付いてくるイエス様を幽霊と間違える程に、恐れと不安の中にいたのです。主はそんな彼らにこう言われました。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」(マルコ6:50)。この「安心しなさい」というのが同じ言葉です。

 まさに真っ暗な湖の上を逆風のため漕ぎ悩んでいるような私たちに対して、イエス様は言われるのです。「安心しなさい」と。「勇気を出しなさい」とはそういうことです。あなたがたには世で苦難がある。しかし、安心しなさい。勇気を出しなさい。そうイエス様は言われるのです。どうしてですか。イエス様が既に勝利しているからです。本当の強さによって勝利しているからです。父が共にいてくださることによって勝利しているからです。そして、その強さはイエス様だけが持っているのではないからです。それを私たちにも与えてくださる。「父御自身が、あなたがたを愛しておられるのである」と言ってくださるのです。ですから私たちもまた「わたしはひとりではない。父が、共にいてくださる」と言えるのです。主はそのようにしてくださる御方であるゆえに、また私たちに「安心しなさい。勇気を出しなさい」と言われるのです。

 本日の第二朗読では、イエス・キリストによって、はっきり父について知らされ、父と共にある本当の強さを与えられたパウロがローマの信徒に宛てた手紙を読みました。その8章15節にはこのように書かれています。「あなたがたは、人を奴隷として再び恐れに陥れる霊ではなく、神の子とする霊を受けたのです。この霊によってわたしたちは『アッバ、父よ』と呼ぶのです」(同15節)。「アッバ」というのは、もともとイエス様が口にしていた言葉です。それを今度は私たちも口にすることができる。愛なる父を知らされたから。ですから、今日お読みした箇所においても、次のように書かれていたのです。「わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです」(ローマ8:38‐39)。この信仰を私たちもまた与えられているのです。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡