ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「帰ってきた家出息子」

2007年9月16日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 ルカによる福音書 15章11節~32節

 今日の福音書朗読において読まれたのは「『放蕩息子』のたとえ」と呼ばれる有名な箇所です。新共同訳の小見出しにもそう記されています。しかし、「『放蕩息子』のたとえ」という呼び方には注意が必要です。そう呼んでしまいますと、何となく「放蕩していた悪いヤツが更生して真人間になった」という話に聞こえてしまうからです。イエス様はそのような話をしているのでしょうか。ここだけでなく、15章全体を読みますと、どうもそうではなさそうです。

 これはイエス様が語られた三つのたとえ話の一つです。第一の話は4節からの部分であり、「『見失った羊』のたとえ」と小見出しが付けられています。それは迷子になった羊を羊飼いが見つけ出したという話です。グレた羊が心を入れ替えて良い羊になったという話ではありません。第二の話は、「『無くした銀貨』のたとえ」です。これも無くなってしまった銀貨を女の人が見つけた、という話です。明らかに、根性の曲がった銀貨がまともな銀貨になったという話ではありません。その流れで考えますと、今日読みました話も、放蕩息子が真面目な息子になった、ということがテーマではないのです。いなくなっていた息子が帰って来たという話です。ですから今日の説教題は「更生した放蕩息子」とはしませんで、「帰って来た家出息子」としたわけです。そもそもイエス様は息子が更生したなどと一言も言っていません。家出息子は腹を減らして帰って来ただけの話です。あくまでも重要なのは、帰って来たということです。

父から遠く離れて

 話の筋を追ってみましょう。初めに12節から16節までをご覧ください。ある人に息子が二人いました。ある時、弟の方が父親に財産の分け前を求めます。「お父さん、わたしが頂くことになっている財産の分け前をください」と。

 財産分与の仕方は律法に定められていました。長男は他の者の二倍を受け取ります。ですからこの場合、弟の分け前は三分の一です。確かに、弟には弟の取り分があります。しかし、どこの世界でもそうですが、ユダヤ人の世界においても、生前に父が子に財産を分与することは通常いたしません。仮に何らかの事情で財産を分与したとしても、父親が生きている限り全財産はあくまでも父親の権威のもとに置かれます。子供は所有権を得るだけであって、処分する権利は持たないのです。

 ところが、この息子は財産分与を求めただけではなく、「全部を金に換えて」旅立ったと書かれています。これは単に慣例を無視した行為であるだけではありません。下の息子は《既に父親を死んだ者と見なした》ということを意味します。当然のことながら、この息子はそれまで自力で生きてきたわけではありません。生きるために必要なものを、父親より与えられて生きてきたのです。しかし、一切を父から受けてきたにもかかわらず、彼は父親を既に死んでいる存在と見なしていたのです。

 これが下の息子と父親との、そもそもの関係です。それまで下の息子は物理的には父のすぐ側にいました。父の家にいたのです。遠くにいたわけではありません。しかし、心は既に遠く離れていたと言えるでしょう。彼が遠く離れたのは、旅立ったからではないのです。既に彼は遠かったのです。父は死んだ存在だったのです。父と子の間には大きな距離があったのです。

 さて、当然のことながら、イエス様は世間話をしているわけではありません。神と人との話をしているのです。神と人とがこのような関係であることはあり得ると思いませんか。神が近くにおられるにもかかわらず、人にとって神が死んだ存在でしかない、あるいは死んでいてほしい存在でしかない。人間の方が一方的に関係を無視し、拒否しているという状態があり得るのです。そこから話は始まるのです。

 そこで下の息子から父親の方へと目を移してみましょう。一般的に言いまして、ユダヤ人の社会において父親は家族に対し極めて大きな権威と強制力をもっています。モーセの律法によるならば、両親に反抗的な息子は石打ちの刑に処してよいことになっていたぐらいですから(申命記21:18以下)。ですから、この話の場合にも、父親は力尽くでこの弟を家に留め置くこともできたはずです。この息子を奴隷のように扱って、監視のもとに置き、家に繋ぎ止めておくこともできたでしょう。しかし、父はそうしませんでした。なぜでしょう。強制力によって関係は変わらないからです。そのような仕方で、息子は近くはならないからです。

 そこで、なんと驚くべきことに、父親は要求通りに財産を分けてやるのです。これを聞いていた人々は、「そんな父親がいるものか」と思ったかもしれません。しかし、神がこのような父親に喩えられる時、確かに思い当たることがあると思いませんか。同じことが神と人との間にも起こっているのではないでしょうか。神があえて人の願う通りに、欲する通りになされることがあるでしょう。この下の息子のように、父である神を足蹴にしながらもなお、願っていたことの実現を見、求めていたものを手にするということは、起こり得るのでしょう。そして、私たちはしばしば、神との関係など考えずに、ただそのように願望が実現することを幸福であると考えているものです。欲するものが次々と手に入るならば、狂喜乱舞して喜ぶのです。

 しかし、イエス様が語られたこの物語は、願望の実現が単純に幸福を意味するのではないことをはっきりと示しています。というのも、この弟は明らかに不幸だからです。彼は父のもとにいながら父から遠く離れていました。それは不幸なことでした。そして、願ったことが実現したために、ますます彼は遠くに離れていくのです。そのことはさらに不幸なことであるに違いありません。それは丁度、羊飼いのもとを離れて荒れ野にさまよっている羊と同じであり、女の手から離れて暗闇の中にころがっている銀貨と同じだからです。

 そして、それが本当に不幸なことであるならば、やがてその不幸が明らかになる時がやってきます。彼は自らの不幸な状態に直面することになるのです。こう書かれています。「何もかも使い果たしたとき、その地方にひどい飢饉が起こって、彼は食べるにも困り始めた」(14節)。父から与えられたものが手元に満ちている時には、自分が父からどれほど遠く離れてしまっているか、その事実に気付きません。その不幸に気付きません。彼がそれに気付いたのは、与えられていたものが失われたときです。

 間違ってはなりません。その地方にひどい飢饉が起こったから彼は不幸に《なった》のではありません。既に不幸な状態にあったことが、飢饉によって明らかになったのです。そのように、私たちもまた父なる神から与えられているものが手元に満ちている時には、父から離れていてもその不幸に気付きません。気付くのは、失った時です。そうではありませんか。ある場合には、それは食べ物であるかもしれません。隣人や家族や健康や財産であるかもしれません。あるいは自分の命であるかもしれません。そうです。そのことは遅かれ早かれ、必ずすべての人が直面しなくてはならないことです。すべては父なる神からのものなのです。それが失われつつあることを自覚した時、父なる神との関係がどうであるかが改めて問われることになるのです。

父のもとに帰る

 それがこの下の息子に起こったことでした。そこで彼はどうしたでしょうか。飢饉の中で下の息子は我に返ったのです。そしてこう言ったのです。「ここをたち、父のところに行って言おう。『お父さん、わたしは天に対しても、またお父さんに対しても罪を犯しました。もう息子と呼ばれる資格はありません。雇い人の一人にしてくださいと。』」ここで大事な点は、彼が放蕩の生活を反省したということではありません。そうではなくて、彼が父のもとに帰ろうと決心したということです。方向を変えたということなのです。そして実際に方向を変えて歩き始めたということなのです。一歩を踏み出したのです。

 しかし、人間の決心と行為がすべてなのではありません。20節には、「まだ遠く離れていたのに」と書かれています。そうです彼はまだ遠くにいたのです。家の近くまで来ていながら、父と子との間には、まだ長い長い距離があったのです。それはそうでしょう。自分で言っている通り、もう息子と呼ばれる資格はないのですから。では、その距離を誰が埋めたのでしょう。この息子ではありません。父親だったのです。そうイエス様は言っています。父親が息子を見つけたのです。父親が憐れに思ったのです。父親が走ったのです。そうです、父親が走ったのです!そして、首を抱き、接吻しました。この父親によって、その距離がゼロになったのです。そして、父親は僕たちに命じます。「急いでいちばん良い服を持って来て、この子に着せ、手に指輪をはめてやり、足に履き物を履かせなさい」(22節)と。父は帰って来た息子を息子として扱います。そこで息子は本当の意味で息子となったのです。

 そのように、最終的に人と神との距離を埋めてくださるのは神御自身です。父が子に走り寄ります。神が人に走り寄ります。これを語っているイエス様には分かっているのです。御自分が地上に存在していることこそ、まさに人間に走り寄る父の姿を映し出しているのだということを。父なる神がキリストを世に遣わされたとはそういうことでしょう。私たちの罪のために独り子を十字架にかけられたとはそういうことでしょう。私たちが何かをしたからではなく、神が打ち立てられたキリストの十字架のゆえに、十字架による罪の贖いのゆえに、距離はゼロとなるのです。私たちはそうして、神に受け入れられて、本当の意味で、神の子となるのです。

同じく遠く離れている者

 さて、話はそこで終わってはおりません。なお一つのことを見ておきましょう。ここで兄が登場してくるのです。下の息子が帰ってきた時、兄は畑におりました。父親が帰ってきた息子のために「食べて祝おう」と言って祝宴を開き、弟が父のもとで飲み食いしていた時、兄は畑でせっせと働いていたのです。畑から帰って音楽や踊りのざわめきを耳にした兄が、その祝宴の理由を知って怒り狂います。祝宴に加わろうとはしません。無理もなかろうと思います。彼の主張は正当です。兄は父親にこう言いました。「このとおり、わたしは何年もお父さんに仕えています。言いつけに背いたことは一度もありません。それなのに、わたしが友達と宴会をするために、子山羊一匹すらくれなかったではありませんか。ところが、あなたのあの息子が、娼婦どもと一緒にあなたの身上を食いつぶして帰って来ると、肥えた子牛を屠っておやりになる」(29‐30節)。

 とりあえず、私たちは、彼の言葉を額面どおりに受け取ることにしましょう。事実、言いつけに背いたことは一度もなかったのでしょう。彼も人間なのだから、親に隠れて悪いことの一つや二つしているものさ、などと言って、この兄を悪者にする必要はありません。いずれにせよ、彼が本当に正しい人間かどうかということは、この際、どうでも良いのです。あの帰ってきた息子が真に更生して真面目になったかどうかを、このたとえ話が問題にしていないようにです。下の息子と父との間で重要であったのはその距離でした。この兄と父との間でも重要なことは同じです。両者の間の距離なのです。

 父はこの兄息子に言います。「子よ、お前はいつもわたしと一緒にいる。わたしのものは全部お前のものだ」(31節)。そうです、兄はいつも父と一緒にいたはずでした。しかし、彼は今、父の喜びを自分の喜びとすることができません。父と喜びを共有することができません。父が喜びとしている自分の弟を、この兄息子は「あなたのあの息子」(30節)と呼んでいます。この兄は自分の弟から遠いところに身を置いています。それゆえに、父の喜びからも遠いところに身を置いているのです。結果的に、かつて弟息子が父から遠く離れていたように、兄もまた父から遠く離れているのです

 ここにおいても、その距離を埋めるために行為するのは父親です。父親の方が家から出てきて、入ろうとしない兄をなだめに近づきます。父は兄息子の心に語りかけ、父と喜びを共にするよう招くのです。それゆえに、彼にとって悔い改めとは、より良い人間になることではありません。父が愛している兄弟を受け入れ、父と共に祝宴の席に着くことなのです。そのようにして、この兄もまた本当の意味で息子となるのです。

 既にキリスト者となって久しい人、既に神の子としての自覚をもって長い間神に仕えてきた人においては、もしかしたらむしろ、この兄に求められているような悔い改めが求められているのかもしれません。真に神の子として父の心を共有して生きるために。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡