ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「主よ、共に宿りませ」

2007年4月15日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 ルカによる福音書 24章13節~35節

 今日の福音書朗読には「二人の弟子」が出てきました。そう、彼らは確かに「弟子」と呼ばれています。イエス・キリストの弟子たちです。しかし、今日の朗読は、彼らがエルサレムから離れていく姿から始まります。他の弟子たちが集まっているエルサレムから離れていくのです。後に見るように、彼らは希望を失った人たちです。イエス様が死んでしまったからです。だからもはやイエス様の弟子であり続ける理由もないのです。キリストの弟子としてエルサレムに留まる理由もないのです。それゆえに彼らはエルサレムをあとにします。彼らにとって、エルサレムを去りエマオへと向かう彼らの旅路は、いわばキリストの弟子であること、すなわちキリスト者であることから遠ざかっていく歩みでありました。そのように、キリストの弟子ではなくなりつつある二人の姿をもってこの話は始まります。

 しかし、今日お読みしました箇所の終わりに至りますと、なんと彼らは再びエルサレムにいるのです。他の弟子たちと共にいるのです。彼らはキリストの弟子として、そこにいるのです。いったい何が彼らをエルサレムに帰らせたのでしょうか。そのことを伝えているのが今日の聖書箇所です。言い換えるならば、今日お読みしました物語は、何が人をキリスト者であり続けさせるのか、キリスト者であるとは、キリスト者であり続けるとはどのようなことなのか、ということを私たちに伝えている物語なのです。

過去のイエスを語る人々

 はじめに13節以下を御覧ください。「ちょうどこの日、二人の弟子が、エルサレムから六十スタディオン離れたエマオという村へ向かって歩きながら、この一切の出来事について話し合っていた」(13‐14節)。

 「一切の出来事」とは、ナザレのイエスという方が十字架にかけられ、殺され、葬られて、その死体が無くなってしまうに至るまでの諸々の出来事です。彼らは恐らく誰かが死体を盗んだのではないかと考えていたのでしょう。そのような彼らに一人の人が近づいてきました。そして、「歩きながら、やり取りしているその話は何のことですか」と尋ねたのです。「二人は暗い顔をして立ち止まった」(17節)と書かれています。そして、その人がさらに尋ねるので、彼らは答えました。「ナザレのイエスのことです。この方は、神と民全体の前で、行いにも言葉にも力ある預言者でした。それなのに、わたしたちの祭司長たちや議員たちは、死刑にするために引き渡して、十字架につけてしまったのです」(19‐20節)。

 彼らの思い出の中には「行いにも言葉にも力ある預言者」がおりました。預言者というのは神の言葉を語る人です。預言者は死んでもその言葉は残ります。いや、言葉だけではありません。「行いにも力ある預言者」と言われています。預言者の行為も残ります。言い換えるなら、預言者の生き様が残るのです。そのように、確かにイエスという御方の言葉と行為は、イエスが死んでしまった後でも、彼らの心の内にしっかりと残っていたに違いないのです。

 しかし、彼らは暗い顔をしていたのです。それは単に死別の悲しみのゆえではありませんでした。その次にこう書かれています。「わたしたちは、あの方こそイスラエルを解放してくださると望みをかけていました」(21節)。「望みをかけていました」ということは、望みが「過去」になってしまった、ということを意味します。彼らが暗い顔をしていたのは、希望が過去のものとなってしまったからです。イエスの言葉と行いが記憶の中に残っていようと、その生き様による感化が残っていようと、それは希望に結びつきはしなかったということです。彼らがどんなに《過去の人》であるイエスについて語り、論じ合っても、そこには救いもなく希望もなかったのです。それゆえに彼らはキリストの弟子であり続けることもできなかったのです。彼らエルサレムを離れエマオへと向かう道を暗い顔をしながら歩いていたのです。

 さて、ここに見る二人の姿は、一つのとても大事な事実を示しています。どんなにイエスの言葉や行為が大きな力を持っていたとしても、そのことによっては、イエスの弟子たちは後の時代に存在し続けることはなかった、ということです。過去のイエスによっては、十字架の後の教会、十字架の後のキリスト者は存在し得なかったのだ、ということがここで語られているのです。これはすなわち、今日生きる私たちも、単に過去の人イエスの言葉や行い、人格的感化の回想によっては、キリスト者であり得ないということを意味します。では、キリスト者であり、キリスト者であり続けるということは、いったいどのようなことなのでしょう。

現在のイエスと共に歩む人々

 そこで私たちは15節において次のような言葉に出会うのです。「話し合い論じ合っていると、イエス御自身が近づいて来て、一緒に歩き始められた。」復活されたキリストが彼らと共に歩まれたというのです。しかし、彼らはそれがイエス様であることに気付きませんでした。なぜでしょうか。よく分かりません。ただ聖書は「二人の目は遮られて」と説明しています。これは31節に関係します。そこで「二人の目が開け、イエスだと分かった」と書かれているのです。共に歩まれる復活のキリストは、目が開かれて初めて認識されるのだ、ということです。

 しかし、二人にはまだ分かっていないのですけれど、ここには復活のキリストがなされた一連の働きかけが記されております。彼らが知る前に、既にキリストの働きかけは始まっているのです。キリストは近づいて来られました。一緒に歩き始められました。彼らに問いかけられました。そして、大切なことが25節以下に書かれています。「『ああ、物分かりが悪く、心が鈍く預言者たちの言ったことすべてを信じられない者たち、メシアはこういう苦しみを受けて、栄光に入るはずだったのではないか。』そして、モーセとすべての預言者から始めて、聖書全体にわたり、御自分について書かれていることを説明された」(25‐27節)。キリストが聖書の言葉を解き明かされたのです。

  そして、二人はイエス様と共に家に入ります。彼らは一緒の食事の席に着きます。ところが興味深いことに、キリストは家の主人であるかのように振る舞うのです。つまり、ここでも主はお客さんではなくて主人として事を為されるのです。そこでキリストがパンを受け、賛美の祈りを唱え、パンを割いて渡されたのです。

 その一連のキリストの働きかけを経て、彼らの目が開かれました。「すると二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えなくなった」(31節)」と書かれております。これは大変奇妙なことです。「目が開けて見えるようになった」というのなら話は分かります。しかし、ここでは逆なのです。見えなくなったというのです。そうしますと、結局、キリストが目に見えるか見えないかは、実は大して重要ではないということのようです。大切なことは、今まで共にイエス様が歩んでくださったし、これからも共に歩んでくださることが分かるということだからです。それが信じられるということこそ大切なことなのです。

 そして、それが信じられた時、彼らは振り返ってこう言います。「道で話しておられるとき、また聖書を説明してくださったとき、わたしたちの心は燃えていたではないか」(32節)。失望していた彼らの内に、命の火が灯りました。まさに死んでいたような彼らの心の内に命の火が灯りました。そして、その炎が大きく燃え上がり始めたのです。

 彼らがかつて抱いていた望みはどうなったのでしょうか。相変わらずイスラエルは解放されてはおりません。相変わらずローマ帝国の支配のもとにあります。見えるところは何一つ変わってはおりません。しかし、彼らはもはや希望を失って暗い顔をして歩いている者ではありません。もはや失意の中に死んでいるような者ではありません。復活のキリストが伴ってくださったこと、これからも伴ってくださることを知ったからです。キリストによって命の炎を内に頂いた人だからです。そして、彼らはエルサレムに引き返します。弟子たちの仲間のもとに戻っていくのです。そこでキリストの弟子として新たに生き始めるのです。キリストの御業を証ししつつキリストの弟子として生き始めるのです。

主よ共に宿りませ

 先ほどの問いに戻ります。キリスト者であり、キリスト者であり続けるということは、いったいどのようなことなのでしょうか。その問いに、今日の聖書箇所は明確に答えています。キリスト者とは単に二千年前のイエスの言葉を実践して生きる人ではありません。単にイエスの行為を模範にして生きる人ではありません。そうではなくて、キリスト者とは復活のキリストと共に生きる人を言うのです。イエス様は単に「過去の人」として思い起こされたり敬われたりすることを望んではおられません。私たちの現実の中に共に生きることを望んでおられるのです。

 ここに書かれていることは、単にあのクレオパたちの特殊な経験ではありません。教会において私たちに今も与えられている賜物なのです。ここには今日もなお教会の内において起こっている事、起こり得る事が記されているのです。聖書が解き明かされ十字架と復活の意味が明らかにされることも、聖餐において復活のキリストの臨在が示されることも、またそこに伴って湧き上がる喜びも賛美も、悲しみと失望によって沈んだ心に命の炎が燃えあがることも、その一切は復活のキリストの働きであり、キリストの賜物なのです。そのように、復活のキリストの働きかけを受けながら、キリストと共に生きる人、それをキリスト者と言うのです。

 そして、キリストと共に生きると言います時、先にも申しましたように、彼らのように復活のキリストを見たかどうかということは、大して重要ではありません。「見える」という事よりも、キリストのお働きそのものの方が重要だからです。そして、キリストが私たちと共に、その人生の道のりを歩んでくださることについて目が開かれ、信じられるようになることの方が重要だからです。

 では、どうしたら、私たちと共に歩んでくださる主に対して目が開かれるのでしょう。どうしたら常にそのような者として生きることができるのでしょうか。

 そこで見落としてはならないことが一つあります。28節以下に次のように書かれています。「一行は目指す村に近づいたが、イエスはなおも先へ行こうとされる様子だった。二人が、『一緒にお泊まりください。そろそろ夕方になりますし、もう日も傾いていますから』と言って、無理に引き止めたので、イエスは共に泊まるため家に入られた。(28‐29節)

 彼らの内に起こった全ての良きことは、イエス様の一方的な恵みの御業でした。しかし、そのような主の恵みの御業に目が開かれるに至るには、彼ら自身の側からも為したことがあるのです。それは復活のキリストを《引き止める》ということでした。「一緒にお泊まりください。」これは復活のキリストに対する祈りです。「祈り」について繰り返し語るルカによる福音書において、これはいわば最後に記されている「祈り」なのです。

 この祈りは、この後に歌います讃美歌39番に「主よ、ともに宿りませ」という言葉として繰り返されます。あの復活の日の夕、弟子たちが主に語ったように、私たちもこの日、主に向かって共に祈りたいと思います。「主よ、ともに宿りませ」と。そして、私たちは終わりの日に至るまで、もはや暮れることのない終わりの日に至るまで、私たちは祈り続けるのです。「主よ、共に宿りませ」と。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡