ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「まことのぶどうの木」

2006年5月14日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 ヨハネによる福音書 15章1節~11

わたしの父は農夫である

 本日の第三朗読はヨハネによる福音書15章でした。その冒頭の部分をもう一度お読みします。「わたしはまことのぶどうの木、わたしの父は農夫である。わたしにつながっていながら、実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる。しかし、実を結ぶものはみな、いよいよ豊かに実を結ぶように手入れをなさる」(1‐2節)。

 「実を結ばない枝はみな、父が取り除かれる!」実に怖い言葉です。このような言葉を読みますと、「はたして私はどうだろうか」と考え込んでしまいます。実り豊かな枝だろうか。それとも実を結ばない枝だろうか。取り除かれてしまう枝だろうか。ここには自分が実を結ぶ枝であると自信を持って言える方、果たしてどれくらいおられるでしょうか。そうでなくても、牧師をしていますと、「長いこと信仰生活をしているのに私は全然変わらなくて…」「わたしは神様のために何もできなくて…」といった言葉をときどき耳にいたします。あるいはそのような言葉を口にしない人であっても、このような箇所を読むと不安を覚えるのではないでしょうか。

 しかし、ここには見落としてはならない大切な言葉があります。「わたしの父は農夫である」と書かれているのです。農夫は神様です。実りのある枝か否かを見られるのは父なる神なのです。私たちの周りの人々ではありません。自分自身ですらありません。判断するのは父なる神なのです。そうしますとこれは、「わたしはどれほど大きな働きをしたか」というように、単純に人間の目をもって比較評価できる類のことではなさそうです。もしかしたら、人間の目には豊かな実りと映っているところにおいても、神はまったく実りを見られないかもしれません。逆に、たとえ人間の目にはまったく実りがないように見えるところにも、神様は豊かな実りを見てくださるかもしれないのです。

 改めて考えますと、何をもって神の御前に「豊かな実り」であると言えるのかは、とても難しい問題です。簡単に答えが出せるようなことではなさそうです。そして、実は無理に答えを出す必要もないのです。なぜなら、良く見ますと、このイエス様の言葉においては「豊かな実りとは何か」ということにあまり重点は置かれていないからです。イエス様は、「切り取られないために、どのような実を結ばねばならないか」という話はしておられないのです。そうではなくて、「どのような枝が実を結ぶのか」ということに重点が置かれているのです。それはどのような枝ですか。イエス様は次のように言っておられます。

 3節以下をご覧ください。「わたしの話した言葉によって、あなたがたは既に清くなっている。わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたも、わたしにつながっていなければ、実を結ぶことができない。わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである」(3‐5節)

 イエス様が言われる通り、豊かな実りは枝の努力によって結ばれるのではありません。枝そのものに実を結ぶ力はありません。「わたしを離れては、あなたがたは何もできない」と主は言われるのです。枝が幹に生命的につながっている時、その命によって枝は実を結ぶのです。ですから、私たちが本当に気にしなくてはならないことは、自分が実り豊かかどうかということではないのです。自分が命の通っている枝としてキリストにつながっているかどうか、ということなのです。

わたしにつながっていなさい

 このつながり――キリストとのつながり――を、私たちは通常、「信仰」と言い表しています。キリストを信じる信仰です。実際、ヨハネによる福音書には「信じる」という言葉が繰り返し現われてまいります。信じること、信仰の事柄が話題となっているのです。しかし、信仰について語るのに、あえて「つながる」という言葉を用いているのはなぜなのかを、今日、共に良く考えたいと思うのです。実は、これは「とどまる」とも訳せる言葉です。この福音書には、この「つながる・とどまる」という言葉が実に頻繁に現われるのです。

 そこから信仰について何が言えるでしょうか。第一にここから言えることは、信仰において重要なことは「継続」であるということです。ヨハネにとって信仰とは「とどまる」ことに他ならないのです。ある人がイエス・キリストを信じるという決断をする。それは人生にとって実に重大なことであるに違いありません。洗礼を受けるか受けないか。そこで立ち止まって悩む人は少なくありません。確かにその出発の一点は、極めて大きな意味を持っています。しかし、もっと大きな意味を持つのは、その一点から引かれる継続した線なのです。劇的な回心をしたかしないか、入信において大きな感動があったかなかったか、それはある意味では大したことではありません。大事ことは、信じ続けることです。「とどまる」ことなのです。

 さて、そのようにこの福音書では「つながる・とどまる」ということが強調されているわけですが、それはもう一方において、「つながる・とどまる」ということがある場合には困難であり得るということをも意味するのでしょう。容易なことならば、あえて「つながる・とどまる」ことが語られる必要はないわけです。

 そのように考えて読んで行きますと、案の定、この章の後半には「迫害の予告」という話が出てきます。18節以下です。イエス様は後の弟子たちが受けるであろう迫害について、前もって語っておられたのです。そして、それは現実のこととなりました。ヨハネによる福音書が書かれた頃、教会は大きな試練と困難に直面していたのです。

 このことから、信仰について、より重要な第二の事が見えてまいります。信仰が「つながる・とどまる」という言葉をもって表現されるとき、それは単に「心の中の事柄」を意味するのではない、ということです。「キリストにつながる」とは、ただ心の中でキリストにつながっていることではないのです。

 あえてこのことに触れなくてはならないのは、キリストにつながるということを、その程度にしか考えていない人は少なくないからです。キリストにどのようにつながりますか。いつもキリストを慕わしく思っていること。キリストのことを忘れないこと。イエス様にお祈りすること。そう思っている人、いませんか。――しかし、イエス様が「わたしにつながっていなさい」と言われた時、その程度のことを意味していたのではないことは明らかです。なぜなら、もし心の中でキリストにつながっているだけで良いのなら、その後の「迫害の予告」は不必要だからです。心の中でキリストにつながっているだけならば、困難や迫害はいくらでも回避できるでしょう。他人に知れないように、ひそかに、心にとどめていたらよいのですから。

 そのように、キリストにつながるということは、単に心の中のことではなくて、具体的な形を取るということなのです。目に見える形を取るのです。

わたしの言葉がとどまっているなら

 そこで注目したいのは7節の言葉です。イエス様はさらにこう言われたのです。「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたの内にいつもあるならば、望むものを何でも願いなさい。そうすればかなえられる」(7節)。

 私たちの持っている新共同訳では分かりにくいのですが、原文においては「つながる」(あるいは「とどまる」)という言葉が二回繰り返されております。「あなたがたがわたしにつながっており、わたしの言葉があなたがたにつながっているならば(とどまっているならば)」と書かれているのです。そのように、「キリストにつながる」ということにおいて、「キリストの言葉がとどまる」ということが起こるのです。つまり、キリストが言っておられるのは、キリストの言葉がとどまるような仕方でキリストにつながるということなのです。

 さて、「キリストの言葉がとどまる」とは何を意味しているのでしょうか。キリストの言葉がとどまるということは、どのようにして、どこにおいて起こるのでしょうか。イエス様が地上を歩いておられた時ならば、当然のことながら、それはイエス様の声が届くところ、イエス様の周囲において起こったと言えるでしょう。イエス様が語られる。その言葉を人々が聞いて悟る。そのようにして、その言葉が人々の内にとどまる。それならば理解できます。しかし、問題はキリストが復活され、天に帰られた後です。ヨハネによる福音書が書かれた時点では、もはやキリストは目に見えるお姿では地上におられないのです。その意味では、私たちもその時代の人々と同じです。

 では、その場合はどうなりますでしょうか。目に見える姿で地上におられないキリストの言葉とのつながりは、どのようにして起こるのでしょうか。毎日聖書を読むことによってでしょうか。聖書の中に書かれているキリストの言葉を心に留めるということでしょうか。いいえ、この言葉がもともとそのようなことを意味していなかったことは明らかです。なぜなら、イエス様の時代にせよ、福音書が書かれた時代にせよ、今日のように各自が印刷された聖書を持っていたわけではないのですから。ならば、キリストの言葉がとどまるということは、どこで起こるのでしょうか。もうお気づきのことと思いますが、それはイエスの名によって集まる礼拝の場においてだったのです。主の食卓を囲み、パンが裂かれ、ぶどう酒が分けられ、共に信仰を言い表して主を礼拝する場においてなのです。そこで御言葉が語られ、その御言葉が一人ひとりにとどまるということが起こっていたのです。それはこの「ぶどうの木のたとえ」が語られた場面を考えても分かります。これはどこにおいて語られていますか。「最後の晩餐」です。その最後の晩餐を、教会はこの二千年の長きに渡って繰り返されてきたのです。なぜですか。それこそが、キリストの言葉が人々にとどまる場であったからです。そのようにして、人々は今日に至るまで、キリストの言葉につながり、キリストにつながってきたのです。

 そのように、イエス様は、幹と枝とのつながりが、イエス様と私たちのつながりが、この世の中で目に見える形を取ることを望んでおられるのです。誰にも見えない透明なぶどうの枝であってはなりません。この世の中の誰もが見ることのできる数多くのぶどうの枝々が広がっている、そんなぶどうの木の姿をイエス様は望んでおられるのです。そのような意味において、イエス様は私たちに言われるのです。「わたしにつながっていなさい」と。

 そして、主は私たちにつながっていることを求めるだけでなく、「わたしもあなたがたにつながっている」と約束してくださるのです。私たちはいかなる意味においても、孤軍奮闘しているのではありません。私たちがどのような状況にあっても、なおキリストへの信仰を言い表し、教会につながり、目に見える形でキリスト者として生きようとするときに、主御自身が「わたしもまたあなたがたにつながっているよ」と言って励ましてくださるのです。なんと喜ばしいことでしょうか。

 そして、キリストが「わたしもあなたがたにつながっている」と言ってくださるならば、私たちは自分が実り豊かな枝であるかどうか、もはやまったく心配する必要などないのです。「長いこと信仰生活をしているのに私は全然変わらなくて…」「わたしは神様のために何もできなくて…」――自分の目に自分がどう映ろうと、そんなことは大したことではありません。まったく心配する必要ありません。なぜなら、「人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」(5節)とイエス様は言われるからです。これはイエス様の真実な約束の言葉です。大事なことは、つながっていることです。目に見える形でつながっていることです。どんなときにも、つながっていることです。実りの豊かさは人間が見て計るのではありません。つながっているならば、最終的に父なる神が、私たちの人生に豊かな実りを見てくださるのです。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡