ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「キリストの変容」

2006年2月26日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 マルコによる福音書9章2節~9節

 今日の福音書朗読は、イエス様の姿が変わったという出来事を伝えています。それはある高い山の上で起こりました。どこの山かは書いてありませんが、いずれにせよ「高い山の上」というのは非日常的な場所です。ある特別な状況です。しかも、そこに全員の弟子たちがいたわけではありません。ペトロとヤコブとヨハネだけです。ある限られた人々です。その限られた人々が、ある特別な状況において、極めて特殊な神秘体験をした。それがここに書かれている内容です。そのたった三人ばかりの人間の特殊な体験を、キリスト教会は、それこそ全教会をあげて、幾世代にも渡って語り伝えてきたのです。それは、彼らが見たこと聞いたことが、代々に渡るすべての信仰者にとって、耳を傾けるべき普遍的な神のメッセージを有しているからでしょう。私たちは今日、そのメッセージにしっかりと耳を傾けたいと思うのです。

キリストの変容

 2節から4節までをもう一度お読みいたします。「六日の後、イエスは、ただペトロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、服は真っ白に輝き、この世のどんなさらし職人の腕も及ばぬほど白くなった。エリヤがモーセと共に現れて、イエスと語り合っていた」(2‐4節)。

 ペトロたちが見たのは、ただイエス様の姿の変化だけではありませんでした。そこにエリヤとモーセを見たことが書かれています。モーセとエリヤは旧約聖書における代表的な人物です。モーセは律法を代表しており、エリヤは預言者を代表しています。つまりこの二人がイエス様と共にいるということは、いわば旧約聖書そのものがイエス様と共にいるということなのです。

 なぜこのことがそれほど重要なのでしょう。それはこの福音書を読み進んでいくと分かります。既に8章の半ばから福音書の後半に入りました。物語はキリストの受難へと向かいます。この福音書がどのような言葉で始まったか覚えておられますか。「神の子イエス・キリストの福音の初め」という言葉でした。しかし、イエス様の御生涯は、神の子の栄光とは全く対極に向かって進んでいくのです。神の子であるはずの御方は、やがてボロ雑巾のようにされて十字架の上に釘づけられることになるのです。

 しかし、今日の聖書箇所は、十字架へと向かおうとしているイエス様と共に、モーセとエリヤがいたというのです。旧約聖書が共にあったのです。何を意味しているでしょう。イエス・キリストに起こる出来事は、特にその御受難は、旧約聖書が既に語っていたことの成就だということです。旧約の成就だということは、言い換えるならば、それは神の御心によって起こったことなのだ、神のご計画によって起こったことなのだ、ということです。「エリヤがモーセと共に現れて、イエスと語り合っていた」と書かれています。何を語り合っていたのでしょう。その内容はこの福音書には書かれておりません。しかし、ルカによる福音書には、はっきりとその内容が書かれています。「見ると、二人の人がイエスと語り合っていた。モーセとエリヤである。二人は栄光に包まれて現れ、イエスがエルサレムで遂げようとしておられる最期について話していた」(ルカ9:30‐31)と記されているのです。

 「イエスがエルサレムで遂げようとしておられる最期」――十字架によって磔にされて殺されるという最期――が神の御心の中で実現することであるならば、はっきりしていることは、苦難は苦難で終わらないということです。十字架の死は死をもって終わらない。神によるならば、その先があるはずです。そして、事実その先があったのだ、と聖書は語ります。聖書はそれを「復活」と表現しているのです。

 ペトロたちが垣間見たのは、まさにその復活の輝きでありました。ちょうど雨雲の隙間から太陽の光が差し込むように、復活の光がイエス様の御生涯の一こまに差し込むのを彼らは見たのです。つまり、この御方に起こる苦難は苦難をもって終わらないことを、その先に復活があることを、ペトロたち三人は先に見せていただいたのです。

 ペトロたち三人は、見たことを語ってはならないと口止めされました。「一同が山を下りるとき、イエスは、『人の子が死者の中から復活するまでは、今見たことをだれにも話してはいけない』と弟子たちに命じられた」(9節)。その口止めされた出来事を、私たちが知っているということは何を意味しますか。口止めされていた彼らがやがて語り出したということを意味します。キリストの復活に出会って、彼らは語り出したのです。キリストの受難の前に、既に彼らが復活の光を垣間見ていたことを、彼らは語り出したのです。

私たちの変容

 そのように、キリストの変容は、キリストの復活を指し示す出来事でした。しかし、それだけではありません。それは私たちの復活をも指し示しているのです。そのことを次に見ていきましょう。

 5節以下をお読みいたします。「ペトロが口をはさんでイエスに言った。『先生、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです。仮小屋を三つ建てましょう。一つはあなたのため、一つはモーセのため、もう一つはエリヤのためです。』ペトロは、どう言えばよいのか、分からなかった。弟子たちは非常に恐れていたのである。すると、雲が現れて彼らを覆い、雲の中から声がした。『これはわたしの愛する子。これに聞け。』弟子たちは急いで辺りを見回したが、もはやだれも見えず、ただイエスだけが彼らと一緒におられた」(5‐8節)。

 「弟子たちは非常に恐れたいた」と書かれています。それが単なる恐怖でないことは、ペトロが「ここにいるのは、すばらしいことです」と口走っていることからも分かります。それはまさに戦慄を覚えるほどに厳かな、しかし同時にこの上なく甘美な至福の時だったに違いありません。ペトロはその陶酔の中で何を言って良いのか分からないまま「仮小屋を三つ建てましょう」と提案しました。これは「仮小屋」は「幕屋」とも訳せる言葉です。あのモーセの時のように、神の臨在の場所としての幕屋を作ろうとしたのかもしれません。いずれにせよ、それが何であれ、にわかに作れるわけはないのですから、これは理性的な判断による提案ではありません。しかし、ペトロの心情は理解できますでしょう。要するに、そこに留まりたかったのです。栄光に輝くキリスト、その栄光に包まれて現れたモーセやエリヤと共に留まりたい。その神秘体験の中に留まりたい。少しでも長く留まりたい。できれば繰り返しこのことを味わいたい。そのような場所を作りたい。それはいつの時代においても人間が神秘体験のゆかりの場所に宗教施設を作りたがるのと相通じる心情です。

 しかし、このペトロの提案は却下されました。雲が現れて彼らを覆い、雲の中から声がしたのです。雲は神の臨在を現しています。神自らペトロたちにこう語られたのです。「これはわたしの愛する子。これに聞け」。これに似た言葉が、既に1章に出て来ました。イエス様が洗礼を受けられた時のことです。イエス様が水から上がられた時、イエス様は天からの声を耳にしたのです。「あなたはわたしの愛する子、わたしの心に適う者」(1:11)。その時は「あなたは」という言葉から分かるように、イエス様一人に対して語られたのです。しかし、ここでは同じことが弟子たちに語られるのです。「これはわたしの愛する子。これに聞け」と。

 「聞け」とは「聞き従え」という意味です。イエス様に聞き従うとはどういうことでしょうか。実は既にペトロたちに語っておられたのです。主は言われました。「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい」(8:34)。父なる神は、確かにイエス様について「これはわたしの愛する子」と言われました。しかし、その神の「愛する子」は、神秘の山の上に留まっている御方ではないのです。山の下へと向かわれるのです。罪深い人間世界へと向かわれるのです。父なる神を愛し、人を愛するゆえに、エルサレムへと、十字架へと向かわれるのです。その御方に従っていくならば、どうなりますか。弟子たちも山の下に向かうのです。山の上に留まっていてはならないのです。

 ここから明らかなように、キリスト教信仰は、山の上のようなところ、非日常的な神秘の世界に逃げ込むためにあるのではありません。キリスト教信仰は、現実から逃避するためのものではありません。そうではなくて、現実としっかりと向き合うことができるために、信仰は与えられているのです。キリストに従い、現実としっかり向き合い、神を愛し、人を愛して生きようとした時に、背負うべき「自分の十字架」が見えてきます。多くの人は、様々な心配事や思い煩いを背負って生きています。しかし、人生には、様々な心配事や思い煩いなどではなくて、愛のゆえに本当に負うべき重荷、真に負うべき「自分の十字架」があるのです。

 そして、神を愛し人を愛し、十字架を背負ってキリストに従おうとする時、初めて本当の意味で自分の罪深さも見えてきます。いかに愛に欠けているか、いかに自己本位であるか、いかに自分が醜いエゴイストであるかが分かります。その時に、神に赦していただくということは切実な願いとなります。極めて重要なことになるのです。そして、もう一つ――自分は変えていただかなくてはならないことが、骨身に染みて分かるようになります。そして、自分は変えられなくてはならないことが分かると、今日の聖書箇所が伝えている場面が大きな意味を持ってくるのです。これは単に数人の特殊な神秘体験などではなくなるのです。

 ご覧ください。「イエスの姿が彼らの目の前で変わり…」と書かれています。イエス様の姿が変わったのです。この「変わる」という言葉は、たとえば芋虫が蝶になるような変化を表す言葉です。しかも、ここは本当は「変わる」ではなくて、「イエスの姿が《変えられた》」と受け身で書かれているのです。神の御子でありながら、神の側にではなく、人間の側に身を置いて「変えられた」と書かれているのです。この御方は一人の人間として栄光の姿に「変えられた」のです。それは明らかにご自分のためではなくて、私たち人間に希望を与えるためです。私たちもまた「変えられる」という希望を持つようになるためです。イエス様は弟子たちに、「自分の十字架を背負ってわたしに従いなさい」と言われただけでなく、その先に、「変えられた」弟子たちの姿があることを示してくださったのです。それがあの山の上におけるキリスト変容の出来事だったのです。

 最後にパウロの手紙を一カ所お読みしたいと思います。コリントの信徒に彼は次のように書き送りました。「わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによることです」(2コリント3:18)。この「造りかえられる」という言葉は、先ほどイエス様に用いられていた「変えられる」という言葉と同じです。私たちもまた「変えられる」のです。主と同じ姿に。この「主と同じ姿に」とは、ペトロたちがかいま見た復活の栄光の姿のことです。ですから「主と同じ姿に造りかえられる」というのは、ちょっとばかり優しくなったり、《イエス様っぽくなること》ではないのです。私たちに、驚くべきことが起こるのです。それが既に信仰生活において、主の霊によって始まっているのです。芋虫はいつまでも芋虫のままではありません。私たちは、いつまでも芋虫のままではないのです。やがて復活の栄光の姿に変えられる ――その希望が与えられているからこそ、私たちはしっかりと現実と向き合えるのです。自分の罪深さと向き合いながらでも、たびたびつまずき倒れながらでも、自分の十字架を背負って一歩また一歩と踏み出すことができるのです。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡