ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「受胎告知」

2005年12月18日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 ルカによる福音書1章26節~38節

 来週はクリスマスの主日です。頌栄教会では、クリスマスの午後に、毎年恒例のページェントが上演されます。子供たちが先月から一生懸命練習しています。今日の聖書箇所は、そのページェントの一場面としてもお馴染みの「受胎告知」の場面です。

あなたは身ごもって男の子を産む

 ナザレというガリラヤの町に、ヨセフのいいなずけであるマリアが住んでいました。そこに神から遣わされた天使ガブリエルが現れて、マリアにこのように告げます。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる」(28節)。マリアは驚き、困惑します。天使が現れたからではありません。「この言葉に戸惑い…」と書かれています。天使の言葉に戸惑ったのです。

 「おめでとう?恵まれた方?」マリアには、天使に「おめでとう」と言われる理由が見当たりませんでした。いわれのない「おめでとう」は、むしろ不安をかきたてます。天使はそんなマリアの困惑を見逃しませんでした。すかさず言葉を継いでこう言います。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい」(30‐31節)。

 なんともひどい話です。天使は「恐れることはない」と言いますが、これほど恐ろしい言葉はありません。考えて見てください。天使は、マリアの意向を打診しにきたのではないのです。「あのう、神様がメシアを誕生させるに当たりましてですね、あなたの胎を用いたいと仰るのですが、あなたのご意向はいかがでしょうか?」――そんなことを天使は言いに来たのではありません。マリアの意向とは無関係に、あちら側でもう決まっているのです!勝手に決めておいて、いきなり使いがやってきて、「おめでとう」なのです。

 現実的に考えれば、これは全くおめでたい話ではありません。マリアはこの時、ヨセフと婚約していたのです。結婚の祝いの日が近づくのを、今か今かと待ち望んでいたことでしょう。当時の民衆の生活は、ローマ帝国の支配のもとにあって、決して楽ではなかったに違いありません。しかし、そのような時代にあってなお、ユダヤ人としての伝統を大切にした敬虔な家庭をヨセフと共に築いていくことを夢見ていた――そんなごく普通の乙女であったのだろうと思うのです。何も大それた野心に燃えていたわけではありません。マリアがそんなささやかな幸せを望んでいたとして、そこに何のいけないことがあるでしょう。しかし、神の一方的な決定の知らせは、その幸せを根底から打ち砕いてしまうものでした。

 「あなたは身ごもって男の子を産む」。――明らかに、ヨセフとは関係なく、ということです。それがどのような事態をもたらすか、マリアに分からないはずはありません。この受胎がユダヤ人社会において決して受け入れられないことは、火を見るより明らかです。いったい誰が「聖霊によって身ごもった」などという話を信じるでしょうか。もしヨセフがマリアを告発すれば、姦淫の女として処罰を免れないでしょう。実際、マタイによる福音書には、ヨセフが「ひそかに縁を切ろうと決心した」(マタイ1:19)と書かれています。「ひそかに縁を切る」というのは、「罪を告発しないで縁を切る」ということです。ここにヨセフの苦悩がよく現されています。そのように、この天使のお告げは、マリアにとっても、ヨセフにとっても危機的事態を意味したのです。

聖霊があなたに降り

 もっとも、マリアには恐るべきお告げだけが与えられているのではなく、喜ばしきお告げも与えられておりました。天使ガブリエルはこう言ったのです。「その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない」(32‐33節)。

 これは要するに、イスラエルの民が待ち望んでいたメシアの到来の予告です。マリアが敬虔なユダヤ人であるならば、彼女もまたメシアを待ち望む一人であったに違いありません。救い主が生まれるのです。いと高き神の子が生まれるのです。永遠なるダビデの王座は回復され、そこにまことの王が座ることになるのです。救いをもたらすまことの王が来られるのです。それ自体は、そのマリアにとっても喜ばしいお告げなのです。しかし、問題は、その実現のために《自分が用いられる》ということです。自分が用いられるとなると話しは違ってくるのです。

 例えばこんなことを考えてみてください。あなたが祈っています。「神様、この世界には苦しんでいる人、悲しんでいる人の何と多いことでしょう。わたしの友人も大きな悩みの内にあります。神様、助けてください」。すると神様の声が天から聞こえてきます。「あなたの祈りは確かに聴かれた。わたしはあなたの祈りの内にある人々に関わり、わたしの力を現そう。」もし、そのような声が聞こえたら、恐らく喜ぶことでしょう。しかし、続けて神様がこう言われたらどうでしょう。「わたしは救いを実現するために、あなたを用いたい。あなたの体とあなたの人生を用いたいのだ」。――「え?ちょ、ちょっと待ってください。それは話が違います。用いるならば誰か別の人を用いるか、直接神様がやってください。」――もしかしたらそのような反応を示すかもしれません。

 そのように、私たちは往々にして、神の救いの御業は求めるけれど、そのために《わたしが用いられる》ことは想定していないものなのです。そうです、確かにメシアが与えられることは喜ばしい知らせでした。ところが、そこには《わたしが用いられる》という想定外のことが含まれていたのです。それがこのマリアの直面している出来事なのです。

 しかし、実はその《想定外》の事柄こそが、この聖書箇所においては極めて重要なのです。そこにこそ私たちが聞くべきメッセージがあるのです。そこで注目すべきは35節の言葉です。天使はこう言っています。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む」(35節)。ただキリストが胎に宿るということではなくて、わざわざ「聖霊があなたに降る」と語られているのです。なぜここで「聖霊」の話が出てくるのでしょうか。そのことを良く考えなくてはなりません。

 実は、私たちがここで読んでいますルカによる福音書は、二巻物の第一巻なのです。これだけでは完結しておりません。続きの第二巻は「使徒言行録」と呼ばれています。これは初代の教会の働きを書き綴った物語です。そして、この「聖霊が降る」という表現が次にどこに出てくるかと言いますと、その使徒言行録の冒頭に出てくるのです。イエス様の言葉です。「あなたがたの上に聖霊が降ると、あなたがたは力を受ける。そして、エルサレムばかりでなく、ユダヤとサマリアの全土で、また、地の果てに至るまで、わたしの証人となる」(使徒1:8)。そして、どうなりましたか。イエス様の言葉のとおり、聖霊が降り、使徒たちが、教会が、イエス・キリストの証人として、神の御業のために用いられたのです。

 このように、使徒言行録において、「聖霊が降る」という表現は、この現実の世界において、神の救いの御業のために、人間が用いられることと関係しているのです。そして、そのことは、実は第一巻のこの場面において、「聖霊があなたに降る」と語り掛けられたマリアの姿によって、既に指し示されているのです。

 往々にして、「聖霊が降る」という表現は、特別な体験や神秘的な出来事にのみ結びつけて考えられがちです。しかし、本当に重要なことは、神が直接に事を成されるのではなく、人間の内に働き、人間を用いられるということなのです。聖霊は、それぞれ名前を持つ、具体的な人間とその人生を用いられるのです。つまり、マリアにとって自分が用いられることは想定外であり、私たちにとってもしばしば想定外なのですが、そのことを想定しておかなくてはならない、ということです。聖霊を信ずるとはそういうことです。

お言葉どおり、この身に成りますように

 さて、マリアはこのお告げを受けて、どうしたでしょうか。彼女は、こう言ったのです。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように」(38節)。彼女は、神に仕える者として、自分の身を神に差し出したのです。これから先のこともすべて主にゆだねて、自分の人生を主に差し出したのです。

 そして、その時初めて、最初にマリアに語り掛けた天使ガブリエルの言葉が意味を持つのです。天使は何と言いましたか。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる」と言ったのです。「おめでとう!」――どうしてですか。主が共におられるからです。「主が共におられる」とはどういうことでしょう。「主が共におられる。神様が共におられる」。私たちもしばしば口にしますし耳にします。悲しんでいる時に、主が共にいて慰めてくださる――もちろん、そうでしょう。危機に瀕する時に、主が共にいて守ってくださる――もちろん、そうでしょう。しかし、ここで語られているのは、単にそのようなことではありません。「主が共におられる」とは、マリアを用いようとしておられる主が共にいる、ということです。

 かつてモーセという人がこの言葉を聞きました。ミディアンにおいて40年もの間、モーセは羊飼いとして、慎ましやかに、平和に過ごしていたのです。しかし、主はモーセに現れて言いました。「見よ、イスラエルの人々の叫び声が、今、わたしのもとに届いた。また、エジプト人が彼らを圧迫する有様を見た。今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ」(出エジプト3:9‐10)。神様が聞いたのでしょう?神様が見たのでしょう?なのに、神様は、御自分が直接事を成すのではなくて、モーセに向かって「お前が行け」と言われたのです。ご存じのように、モーセは何度も神の選びを固辞します。「わたしは何者でしょう。どうして、ファラオのもとに行き、しかもイスラエルの人々をエジプトから導き出さねばならないのですか」と言ったのです。その時、主が言われた言葉はこうです。「わたしは必ずあなたと共にいる」(同12節)。

 人間的な見地からすれば、これがモーセの苦労の始まりでした。人間を導くことは、羊を導くことより困難です。モーセは、かたくなで身勝手なイスラエルの民を、四十年の長きに渡り、忍耐強く導いていくことになるのです。そして、同じことがマリアにも言えます。これがマリアの苦労の始まりでした。離縁には至りませんでした。告げられた通り、男の子が生まれました。その子はやがて神の国を宣べ伝えはじめました。当時の権力者たちから敵意の目を向けられるようになりました。そして、やがてついには我が子が磔にされている十字架のもとに立つことになるのです。

 モーセにせよ、マリアにせよ、その生涯は決して平穏無事な、いわゆる《幸福な一生》などではありませんでした。しかし、それは間違いなく主と共にあり、主に用いられた一生でありました。だからやはり「おめでとう」なのです。「おめでとう、恵まれた方」というあの呼びかけは、決して間違ってはいなかったのです。

 先ほども申しましたように、マリアの姿は、後の教会の姿であり、信仰者の姿でもあります。神は人を用いて、御自分の救いの御業を進められます。私たちを用いようとしておられる神の御計画があるのです。それは必ずしも、絵に描いたような幸福な人生ではないかもしれません。しかし、それでもなお私たちは「おめでとう、恵まれた方」という言葉を聞き得るのです。主が共にいてくださるなら、「おめでとう」なのです。主と共に歩むなら、主に用いていただけるならば、「おめでとう」なのです。ならば大切なことは、私たちの側からも、喜んで主に自分を差し出すことなのです。あのマリアのように。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように」と。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡