ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「主の道を備えよ」

2005年12月4日 主日礼拝
日本キリスト教団 頌栄教会牧師 清弘剛生
聖書 マルコによる福音書 1:1~8

 12月に入りました。12月といえばクリスマスです。クリスマスは、キリストがこの世に来られたことを祝う祭りです。キリスト到来の意味に思いを巡らす大事な時です。私たちは、そのように相応しくクリスマスを迎えたいと思います。しかし、マルコによる福音書を読みますと、キリストが現れる前に、洗礼者ヨハネという人物が登場いたします。彼はキリストの先駆者です。私たちはキリストの前に、この洗礼者ヨハネと出会わなくてはならないのです。ということで、クリスマスを迎える前の降誕節第二主日に、洗礼者ヨハネについて語る聖書箇所が読まれます。クリスマスを相応しく祝うためにも、私たちはここに語られている言葉にしっかりと耳を傾けなくてはなりません。

 洗礼者ヨハネの登場については、次のように説明されています。「預言者イザヤの書にこう書いてある。『見よ、わたしはあなたより先に使者を遣わし、あなたの道を準備させよう。荒れ野で叫ぶ者の声がする。「主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。」』そのとおり、洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた」(2‐4節)。

 洗礼者ヨハネとは何者でしょうか。彼は、キリストより先に神に遣わされた者だと語られています。何のために遣わされたのでしょうか。ヨハネは、「主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ」と叫ぶ者として遣わされた人です。つまりキリストが来られる前に、そのような声を人々は聞かなくてはならなかった、ということです。「主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ」――私たちもまた、まずこのように叫ぶ声を聞かなくてはなりません。私たちは今日、この声に耳を傾け、二つのことを御一緒に考えたいと思います。第一は、「主の道」とは何を意味するのか、ということです。そして第二は、主の道を「整える」とはいかなることを意味するのか、ということです。

主が通られる道

 「主の道」とは何を意味するのか。このことを考えるために、この引用の元でありますイザヤ書を開いてみましょう。今日の第一朗読の聖書箇所です。若干言葉が違いますが、イザヤ書40章3節が元になっていることはすぐに分かります。こう書かれています。「呼びかける声がある。主のために、荒れ野に道を備え、わたしたちの神のために、荒れ地に広い道を通せ」(イザヤ40・3)。

 「主のために、荒れ野に道を備え」るのは、主が通られるためです。では、その主はどこに向かわれるのでしょうか。実は、主の行き先はシオン、すなわちエルサレムなのです。

 ここで少々背景の説明が必要であろうと思います。この時、エルサレムには、破壊され、焼き払われてしまった神殿があるのです。紀元前六世紀に、バビロニア軍によって、エルサレムは神殿もろとも破壊され、廃墟とされてしまったからです。なぜ神の都と呼ばれたエルサレムが廃墟となってしまったのでしょうか。もちろん敗戦によってです。しかし、預言者はその出来事を単なる敗戦とは見ませんでした。そこに神の裁きを見たのです。人間の罪のゆえに、神の都から神の栄光が離れ去ってしまった、という事実を見たのです。

 しかし、主なる神はこの廃墟となったエルサレムを見捨ててしまわれませんでした。「エルサレムの心に語りかけ、彼女に呼びかけよ、苦役の時は今や満ち、彼女の罪は償われた、と」(2節)。そう主は預言者に言われたのです。苦役の時は終わったのです。主が廃墟となった都に、破壊されてしまった神殿に、再び帰ってきてくださるのです。ですから、「主のために、荒れ野に道を備え、わたしたちの神のために、荒れ地に広い道を通せ」と言われているのです。このように、預言者が語っている「主の道・主のための道」とは、罪によってもたらされた悲惨な現実の中に、神様が来てくださるための道なのです。

 ここで単に苦しみが去って生活が元通りになると語られているのではない、ということはとても大事なことです。もしかしたらある人々は、破壊された都が元通りになれば良いとしか考えていなかったかもしれません。かつての繁栄が取り戻されればそれで良いとしか考えていなかったかもしれません。今日でもそうです。何か壊れてしまったものが元通りになりさえすれば良い。失われたものが戻ってくればよい。そのようなことしか考えない人は少なくありません。しかし、この預言者はそう言わなかったのです。ただ単に形が元通りになるだけではだめなのです。大切なことは、神が来てくださることなのです。そこにこそ、真の救いはあるのです。ですから、「主の道」が重要なのです。

 さて、この預言が語られた後、エルサレムはどうなったでしょうか。実際に、都は建て直されました。エルサレムの神殿は再建されました。神殿での礼拝は再開しました。ある意味で、この預言の言葉は成就したと言えるでしょう。主の栄光はエルサレムに戻って来られたと言えるでしょう。

 しかし、本当に再建されなくてはならなかった神殿は、実はあのエルサレムの神殿ではなかったのです。エルサレムの神殿は今日存在していますか。いいえ、残ってはおりません。あの神殿は確かに建て直されました。ヘロデの時代にさらに大きく壮麗なものとされました。しかし、その神殿は紀元70年に、ローマの軍隊によって破壊されてしまいました。ですから、今はもう残っておりません。本当に建て直されなくてはならなかったのは、エルサレムの神殿ではなく、「人間」という神殿だったのです。後にパウロがこう言っているとおりです。「知らないのですか。あなたがたの体は、神からいただいた聖霊が宿ってくださる神殿であり、あなたがたはもはや自分自身のものではないのです。あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい」(1コリント6・19‐20)。人間という神殿が再建され、そこに神が来てくださること、神の霊が来てくださることこそが、決定的に重要なことなのです。

 そして、そのためにこそ、イエス・キリストは来られたのでした。洗礼者ヨハネは、先に遣わされた者として、キリストを指し示してこう言っていたのです。「わたしよりも優れた方が、後から来られる。わたしは、かがんでその方の履物のひもを解く値打ちもない。わたしは水であなたたちに洗礼を授けたが、その方は聖霊で洗礼をお授けになる」(7‐8節)。

 「聖霊のバプテスマ(洗礼)」――この言葉は、しばしばある特定の体験や特定の理解と結びつけられてきました。もちろん、聖霊のお働きとしての様々な経験を否定する必要はありません。しかし、大事なことは、特別な体験そのものよりも、神の霊がおいでくださり、聖霊が住まわれ、聖霊の御支配が私たちの内に始まり、私たちが神の栄光のために用いられるということなのです。

 最初の問いに戻ります。「主の道」とは何を意味するのでしょうか。それは主なる神が来られるための道です。それは私たちにとっては、イエス・キリストが私たちの人生の中に来られるための道であり、その御方によって聖霊が私たちのもとに来られるための道なのです。その御方がおいでくださり、私たちがまことの神殿として再建されるところにこそ、私たちの救いはあるのです。

主の道を整えよ

 では、どのようにして、主のために道を備えるのでしょう。主の道を「整える」とはいかなることを意味するのでしょうか。

 4節にはこう書かれています。「洗礼者ヨハネが荒れ野に現れて、罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を宣べ伝えた」(4節)。これが「主の道を整えよ」と叫ぶ者が実際に行ったことでした。そして、ヨハネがそのように悔い改めの洗礼を宣べ伝えた結果として、「ユダヤの全地方とエルサレムの住民は皆、ヨハネのもとに来て、罪を告白し、ヨルダン川で彼から洗礼を受けた」(5節)と書かれています。これが主の道を「整える」ということだったのです。

 「悔い改めの洗礼」と書かれています。しかし、洗礼そのものはヨハネが考案したものではありませんでした。一見すると、これに近いものは、旧約聖書のレビ記にも規定されている沐浴です(レビ15・13)。しかし、ここを読みますかぎり、彼の宣べ伝えていた洗礼は悔い改めと結びついた一回限りの決定的な行為ですので、沐浴とは本質的に異なるようです。ヨハネの洗礼は、むしろ改宗者の洗礼に近いものと考えてよいでしょう。改宗者の洗礼とは、ユダヤ人でない者がユダヤ教に改宗したときに受ける洗礼です。

 そのように考えますと、ヨハネが荒れ野で始めたことは、ユダヤ人社会においてはまことに驚くべき行為であったことが分かります。というのも、そもそも改宗者の洗礼は、いわば神を知らなかった異邦人が、今までの罪の汚れを洗い落として、ユダヤ人として新しく生まれることを意味したからです。ところが、ヨハネはこれに類似した洗礼をユダヤ人にも授けているのです。これが、厳格なユダヤ人たちにとって、どれほど受け入れ難いことであったかは、容易に想像することができるでしょう。

 マルコによる福音書には、「ユダヤの全地方とエルサレムの住民は皆、ヨハネのもとに来て」と書かれていますが、実際には、「皆」が来るはずはありません。彼のもとに来なかった者も少なくはなかったはずなのです。事実、この福音書11章には、ヨハネのもとに来なかった祭司長、律法学者、長老たちが出てくるのです。なぜ彼らはヨハネの言葉を受け入れなかったのでしょうか。自分が本当に赦されなくてはならない罪人、異邦人同様に罪の汚れを洗われなくてはならない罪人であるなどと思わなかったからです。要するに、自分を正しい者だと考える者は、決してヨハネのもとには来なかったのです。自分の罪を認め、自分が罪人であることを告白するものだけが、そこで悔い改めの洗礼を受けたのです。

 「悔い改め」とは、方向転換をすることを意味します。神に立ち帰ることです。方向転換は、方向が間違っていることを認めないとできないのです。当時のユダヤ人社会においては、貴族階級や特権階級以外の民衆は苦しい生活を強いられていたことと思います。多くの人々が救いを求めていたに違いありません。しかし、自分の生活の惨めさ、苦しい現実をただ呪って嘆いているだけの人は、悔い改めはしなかったのです。自分以外の人間が皆悪いためにこのような苦しみを負っているのだ、と考える人は、方向転換をしようとはしなかったのです。そうです、世の中が悪い、社会が悪い、時代が悪い、環境が悪い、親が悪い、夫が悪い、妻が悪いなどと言ってすべてを他者の責任とし、あげくの果てには神さえ悪者とするような人は、決して悔い改めて方向転換をしようとはしないのです。

 しかし、そうではなく、ヨハネの言葉を聞いて、他の誰かではなく、そもそも自分の生き方そのものがおかしいのではないか、そもそも神との関係がおかしいのではないか、ということに気づいた人々がいたのです。自分の人生の方向そのものがおかしいのではないか、自分こそ赦しを必要としている罪深い者なのではないか、ということに気づいた人々がいたのです。そして、そのような人だけが、ユダヤ人としてのプライドも、周りの人々との間のしがらみもかなぐり捨てて、ヨハネのもとに来て洗礼を受けたのです。その悔い改めこそ、まさに「主の道を整え、その道筋をまっすぐにする」ことに他ならなかったのです。

 人はキリストの前に、洗礼者ヨハネに出会わなくてはなりません。「主の道を整え、その道筋をまっすぐにせよ。」荒れ野で叫ぶ者の声を、私たちはこの待降節第二週に耳にしています。私たちは、クリスマスを相応しく迎えるために、この言葉をしっかりと受け止めなくてはなりません。私たちは、あのヨルダン川において、自分の罪を告白し、悔い改め、方向を変えて生き始めた無数の人々の姿を思い描くべきでしょう。そして、私たちもまた、その中に身を置くべきであろうと思います。悔い改めへの呼びかけこそ、この期間、私たちが第一に聞かなくてはならない言葉なのです。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡