ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡

「備えて待ち望む」

一九九六年五月一九日 主日礼拝
日本キリスト教団 大阪のぞみ教会牧師 清弘剛生
使徒言行録 1章12節~26節

本日は一章の一二節からお読みいたしました。その冒頭には、「使徒たちは、『オリーブ畑』と呼ばれる山からエルサレムに戻って来た」と書かれています。彼らはエルサレムに戻り、エルサレムに留まろうとするのです。なぜかと言いますと、イエス様が、エルサレムから離れないように、と命じられたからです。「エルサレムから離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい(四節)」

エルサレムに留まるということは、彼らにとっては決して望ましいことではなかったはずです。彼らのほとんどはガリラヤ人です。ですから、エルサレムに留まる必然性は本来なかったはずなのです。しかも、エルサレムは、キリストを十字架にかけたユダヤ人の敵意が渦巻いているところであります。彼らにとって、そこは非常に危険な場所でもあるのです。そして、ユダヤ人社会の宗教的支配層の権力は絶大なのです。彼らのような力ない凡人がどんなことをしても、どれほど頑張ったとしても、変わりようのない現実がそこにあるのです。そのことは彼ら自身が一番よく知っているのです。エルサレムは、かつて彼らが権力に屈してキリストを捨てた場所でありました。恐怖に屈して、主を見捨てた場所でした。いや、自分自身の内にあるエゴイズムに屈して、自分の罪深さと弱さを暴露した場所がエルサレムだったのです。そこにイエス様は留まれと言われたのでした。それ故、彼らは帰って行ってエルサレムに留まったのであります。

しかし、彼らは、主の命じられたこととして、しぶしぶ従ったのではありません。ルカによる福音書によりますと、なんと彼らは「大喜びでエルサレムに帰った」と言うのであります。(ルカ二四・五二)なぜでしょうか。彼らには神様の約束が与えられていたからであります。待ち望むべき約束が与えられていたからであります。「エルサレムから離れず、前にわたしから聞いた、父の約束されたものを待ちなさい(四節)」父の約束とは、聖霊が与えられるという約束であります。彼らがやがて神の霊に満たされるということです。神の霊が彼らを通して力強く働き始めるということです。イエス様は、そのために、エルサレムに留まって待つようにと言われたのです。

彼らは、現実の自分たちだけを見ているならば、そこに一縷の望みもないことを良く知っていました。しかし、彼らは期待すべきお方を知っていたのです。彼らには期待がありました。待望する人々でした。現実は厳しいのです。しかし、彼らは喜んでいます。彼らの現実を越えたところに期待があるからです。聖霊が降るということ、神の霊に満たされるということ、神様が彼らを通して生きて働き給うことは、彼らの経験を明らかに越えています。しかし、彼らは自分たちの経験に縛られてはいませんでした。経験を越えたところに彼らの期待があったのです。

私たちは彼らの姿をよく見なくてはなりません。期待をもって待ち望むことのできる人は現実に負けません。そこに留まることができます。逆に、自分の経験したところがすべてだと思っている人は惨めです。キリスト者でありましても、自分の小さな経験からしか信仰の世界を判断できず、もはや何も期待しなくなってしまった信仰者は本当に哀れです。聖霊を待ち望むということは、明らかに私たちの思いを越えた方を待ち望むということです。聖霊の満たしを求めることは、私たちの経験を越えた方に満たされ、その方が生きて働き給うことを求めることであります。だから期待して待ち望むのです。どうせ私はこんなものだ。信仰生活なんてこんなものだ。教会はこんなものだ。そのように思った時に、もはや使徒言行録は私たちとは縁のない書物となります。こんなものではありません。私たちは、まず彼らの姿を通して、神に期待し神を待ち望むことを学ばなくてはなりません。

さて、彼らは、期待して待ち望むことのゆえに、具体的にはどうしたのでしょうか。一三節をご覧ください。「彼らは都に入ると、泊まっていた家の上の部屋に上がった。」何のために上がったのでしょうか。祈るためです。一四節にはこう書かれています。「彼らは皆、婦人たちやイエスの母マリア、またイエスの兄弟たちと心を合わせて熱心に祈っていた。」彼らは祈りました。熱心に祈りました。ある翻訳では、「祈りに専念していた」となっています。彼らの待望は、祈りとして具体化されました。イエス様は「待ちなさい」と言われたのです。しかし、期待して待つことの具体的な形は「祈り」です。期待する人は祈ります。期待を持たない人は祈りません。待望が熱心な祈りとして具体化されていくためには、過去の経験やそこからくる諦めという固い殻を打ち破らなくてはなりません。彼らが固い殻を破って祈りに専心できたのは、天に上げられた復活のキリストを仰ぎ、父の約束に心を向けたからであります。ひたすら神に目を向けたからであります。

そこにおいて心を合わせて祈っていた人々のリストが簡単に記されています。まず、イスカリオテのユダを除く十一人の使徒の名前が記されています。それは、順番は異なっていますが、ルカによる福音書六章一四節以下のリストと同じです。改めてここを読みますときに、その選びの多様性に驚かされます。熱心党のシモンがそこにいます。熱心党とは、一世紀初頭に現れたユダヤ民族主義者の戦闘的分子です。右翼の過激派です。一方、マタイはもと徴税人です。祖国を売り、ローマの手先となって同胞を苦しめていた売国奴です。どうしたって一つになれない人々なのです。しかし、そのような人々が集まる中、もはやイエス様が見えるお方としてはそこにおられないのに、彼らは心を一つにして祈っています。驚くべき姿です。そこには、人間的な誇りや奢り高ぶりが打ち砕かれ、ただ神への待望のみがある集まりゆえの一致があるのです。

また、そこに婦人たちについて言及されていることも注目に値します。婦人たちが弟子の群れに加わったことは、既にルカによる福音書に記されておりました。(ルカ八・二‐三)しかし、当時の社会的状況において、これは決して当たり前のことではなかったのです。私たちは、女性の社会的地位が著しく低かった社会を思い描かなくてはなりません。多くの場合、女性は人間の数に入りませんでした。また、それは宗教的な世界においても同じです。ユダヤ人社会において、女性は宗教的に非常に軽んじられたのです。当時の敬虔なファリサイ派の男性が生涯を通して捧げる感謝の祈りの一つは、「天の父よ、わたしは女に生まれなかったことを感謝します」という祈りでした。それが、当時の女性を取り巻く宗教的な状況だったのです。

ですから、ここで使徒たちと婦人たちとが心を合わせて祈っていたというのは驚くべきことなのです。彼女たちが、使徒たちと同じように、聖霊の満たしを求め、神の霊の働きを期待して祈り求めているということは、決して当たり前のことではなかったのです。しかし、ここに私たちは注目すべきであります。その時代において、人は様々な評価と判断の対象となります。他人が評価し、自分もまた自分を評価し判断いたします。しかし、そのような人間の評価や判断は、神様が霊に満たして用い給うこととは無関係であるということを私たちは知らなくてはなりません。ファリサイ派の人がなんと言おうと、女性であっても神の霊に満たされて、神の器として神の働きのために用いられる時代が来たのです。また、それと同じ事が、他の人々についても言えます。お年寄りについても言えます。障碍者についても言えます。病弱な人についても、過去に傷を持つ人についても言えます。皆、どのような人であっても、神への期待を持ち続けて祈るべきです。神はどのような人をも聖霊に満たして用い給うことがおできになるのです。いやむしろ、神の力は弱いところにこそ現れるのであります。

そして、そこには、イエスの母マリアとイエスの兄弟たちがいました。彼らは最後に書かれています。キリストとの肉親としての関係は、なんらそれ自体重んじられることはありませんでした。ただ神のみに心が向けられる時、一切の人間的なものは後ろに退くのであります。

さて、彼らが共に集まり、祈り初めて数日が経った頃でしょうか、既にそこには一二〇人ほどが集まるようになっていました。(一五節)そこでペトロが具体的な一つの提案をいたします。それは、イエス様を裏切って、捕縛の手引きをしたユダの代わりを選出しようということでありました。今日は、ユダについては詳しくお話しすることはいたしません。本日お読みしたところには、ユダが不正を働いて得た報酬で土地を買い、その地面にまっさかさまに落ちて、死んでしまったということが出ています。マタイによる福音書に書かれているユダの最期(マタイ二七・五)とは少々異なった話しになっていますが、ユダの最期については様々な言い伝えがあったのでしょう。

いずれにしても、ここで大切なことは、ペトロの提案の内容です。イエス様が一二人を選ばれて使徒とされました。その内欠けた一人を補充しようとしたというのは、明らかに将来に対する備えであります。イエス様が一二人の使徒を選ばれました。一二人が選ばれたというその数字が意味するところは、明らかにイスラエル一二部族と関係があったと言えるでしょう。つまり、そこには、新しい契約のもとでの真のイスラエル、神の国における真の神の民の完成が象徴されていたわけです。ですから、ここで一人を補充しようとしたペトロとその他の弟子たちは、明らかにやがて完成する神の民の姿を既に見ているのであります。まだ見ぬ教会の未来の姿を既に心の内に見ているということなのです。

そしてまた、ペトロの提案は彼らの内に既に宣教のビジョンが与えられ始めていたということをも示しています。ここで新しい神の民における一二使徒は、復活の証人でなくてはならないと言われています。「そこで、主イエスがわたしたちと共に生活されていた間、つまり、ヨハネの洗礼のときから始まって、わたしたちを離れて天に上げられた日まで、いつも一緒にいた者の中からだれか一人が、わたしたちに加わって、主の復活の証人になるべきです。(二一‐二二節)」やがて、キリストが宣べ伝えられていく。多くの人々が仲間に加えられていく。その時、大切なことは、伝承が変わることなく保持されるということです。そこで一二人目は、誰でもがその任に当たれるのではなくて、それに相応しい人が選ばれなくてはならないということなのです。

彼らが、神の民の完成した姿を思い、宣教の働きが進められている姿を既に先取りして見ることができたということは、まことに驚くべきことであります。一二〇人ほどの人が集まっていた。これは、多いように思えますが、それでもせいぜい私たちの夏期修養会に集まる人々の数ほどです。一方、当時のパレスチナ地方にユダヤ人だけでも四〇〇万人いたと言われます。彼らの頭の中には、当然のことながら、まだ異邦人伝道などという概念はありません。しかし、それにしても、その辺りのユダヤ人だけ数えても四〇〇万人もの人がいるのです。彼らこそ、キリストを証しし、宣べ伝えるべき人々です。しかし、何も持たない、力もない、凡人ばかりの一二〇名ほどの集団に、いったい何が出来るというのでしょう。常識的に考えるならば、将来的な展望などは、まったく持ち得ないはずなのであります。

しかし、彼らは来るべき将来を確かに見ているのです。そして、具体的な備えを始めるのです。なぜでしょうか。祈りが具体的な行動を産み出したのです。つまり、彼らが神のみに期待し、待ち望み、祈り続けた時に、具体的な導きを得たのであります。人がへりくだって、真に生きて働き事を成すのは人間ではなくて神様御自身であることが本当に分かった時、人は人として具体的に為すべきことについての導きを得るのです。それが、ここでは使徒の補充ということだったのであります。

最終的な一人はくじ引きで選出されました。くじによって神の御心を尋ねるというのは、この後には出てきません。ですから、一般化できることではないでしょう。現代の私たちは安易にくじ引きで事を決してはならないことは言うまでもありません。しかし、彼らの場合にしても、決して出鱈目にくじ引きをしたのではありません。彼らは御心を尋ね求めながら注意深く二人の候補を選んだのです。そして、最終的な判断においても「すべての人の心をご存じである主よ、この二人のうちのどちらをお選びになったかを、お示しください」と祈りつつくじを引きました。大切なことは、備えの段階における一つ一つのことの中にも、キリストの御心がなることを求めたということです。こうして、マティアという人が使徒として選ばれたのでした。

今年もペンテコステが近づいて来ました。今週は、特に、聖霊降臨に至るまでの弟子たちの姿を思いながら過ごしたいと思います。そして、私たちの教会のあり方、信仰生活のあり方を省みたいと思うのであります。いつの間にか、自分の力が神のために何か事を成すかのように考え、いつも我意に満たされていないでしょうか。そのような傲慢さの故に、結局いつも失望したり落胆したりして、もはや新しい事を何も期待できなくなっているようなことがないでしょうか。私たちは、もう一度、神への期待を新たにし、神の霊の満たしをひたすら求め、祈り続ける者でありたいと思います。そして、その祈りの中で具体的な導きを得、神の御業への備えをなしていく者でありたいと思います。

 
ホーム |  説教 |  印刷 |  説教の英訳 |  対訳 |  連絡